はじめて料理をするときのオススメアイテム

オススメアイテム


料理をはじめる上で、あった方がいい道具をご紹介します。
ここでは包丁とかまな板とか、普通あるだろ、というものは後にご紹介するとして、あれば捗るよ、というものを挙げていきます。

まずはもう、僕が料理を始める人には必ず「買え!」と押しつけるもの、スタッキングボウルです。

ブランドは問いませんが、大小それぞれ3個づつくらいはあった方がいいです。
これ、何に使うかというと、「計量後の調味料を入れる」「調味料を混ぜる」「みじん切りなど、小さな野菜を入れる」のに使います。
ちょっともったいない気がしますが、塩とか砂糖とか醤油は料理の最初のタイミングで多めにこのボウルに入れておくと、汚れた手でも調味料を料理に加えることができて一気にスピードアップ!

やりがちなのは、小皿で代用すること。

わかるんですけど、その小皿を使いたい場合、いちいち洗って、拭いて使わないといけないですし、金属のスプーンで混ぜるときとかは気を使ってしまいます。
中華のポストでも書きましたが、料理を手際良くするには、材料の下準備が極めて重要です。
これがあるだけで、料理が圧倒的に早くなりますよ!

次にバット。
バットも同じようにお皿で流用されがちなのですが、洗う手間、割れるリスク、油・熱耐性等を考慮すると、絶対にあった方がいいです。
ちゃんと料理をする場合、炒め物等は火の通りを調整するために、先に炒めたものを一旦プライパンからあげるときがあるのですが、その際にもバットは必須。
またホーローのものを買うと、そのまま保存できたりして、非常に便利。
僕は保存容器と揚げ物を分けていて、ホーローと金属と両方持っています。
油切り用の網も買っておくと揚げ物にも便利です。

最後に計量スプーン。
これはお持ちのケースが多いと思うのですが、とにかく料理を美味しく作るコツは「分量通り作る」です。※レシピは信頼できるものに限る。
慣れてきたら目分量でもだいたいの味になりますが、慣れるまでは必ず計量スプーンを使いましょう。

レシピって正解がないんです。プロの人でも必ず味見をします。
だから、レシピ通り一旦作って、その後にゆっくり微調整をしていくんですね。
そのために、「入れすぎ」は避けたいところ。入れすぎると取り除くことができません。
多少面倒でも最初は計量スプーンを使うことをオススメします。

尚、筆者はバーテンダーのティースプーンのごとく、水を入れたカップに計量スプーンを突っ込んで洗った代わりにしています。
こうするといちいち洗わなくても、そんなに味が混ざることがありません。

こんなにあると邪魔じゃん?って思うと思うんですけど、それがどっこい。
キッチンで一番場所をとるのってなんだと思いますか?
それは、「洗い場」なんです。
洗い場がごちゃごちゃしていると料理って全然はかどらない!

ここにあるものを揃えておけば、洗うものと使うもの、盛るものがきっちり分けられるので、案外場所もとりません!

包丁やスライサーやブレンダー等は料理が好きになってきたら買ってください。
また書きますね!

続く。

面白ければ下からシェアをお願いします!!!

“はじめて料理をするときのオススメアイテム” への 1 件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。