自宅でも出来る!激うま火鍋

火鍋とは?


中国の鍋で、薬膳風の真っ赤なスープにラム肉を入れていただく、激辛鍋です。
羊のアイコンの小肥羊が有名ですね。

火鍋は辛いスープを汗だくで食べるのが美味しいので、店で食べるのは結構躊躇する人は多いのではないでしょうか?

筆者も定期的に食べたくなりますが、汗だくになるのと、翌日必ずお腹を香辛料が攻撃してきますので、翌日仕事が休みの時に、家で作るようにしています。

ここでは自宅でも出来る簡単な火鍋を紹介します。
レシピはゼクシィキッチンより拝借。

新たに買うものは2つ!


火鍋を自宅で作りたいなら、買わなければ行けないものは2つ。

一つ目は花椒(ファージャオ)の粒。
これは中国の山椒で、中華料理を作る時に時々使います。

もう一つは韓国唐辛子です。
これも韓国料理で結構使ったり、ユッケを作ったりするときに使います。

どちらも高いものではないですし、日持ちもするので持っておいて損はありません!

スープを作ります


まず、サラダ油に鷹の爪と、花椒を入れて油に香りを移し、焦げる前に一旦上げます。

その油で唐辛子、豆板醤、ニンニク、しょうがを炒めて、油に色を移します。

油が赤く色づいたら、白ネギを入れます。白ネギは縦半分に切って斜めに薄切り。こうすることで、香辛料の味がしっかりネギに移ります。

ネギが色づいたら、鶏ガラスープ、紹興酒、醤油、塩で味付け。
我が家では醤油をレシピよりも少し少なめにするのが好みです。

ここまでくるとあとは具材を入れるだけ。
ここからは好みですが、レシピ通りだと、豚バラ、青梗菜、ニラ、えのき、ぶなしめじ、豆腐ですね。
中華ですから、青梗菜はあったほうがいいかな。
ニラと青梗菜は最後にさっと火を通します。

ラムの薄切りでもいいし、豚だと肩ロースとかでも美味しいで思います。
ラム肉はなかなか手に入りませんしね。
今回は豚バラのスライスで作りました。

いただきます!!!!

画像は筆者が大好きな「玄人(プロ)のひとりごと」から南倍安氏の絵を拝借。
この漫画、大好きで全巻持っているのですが、著者がすでにお亡くなりになっていて、続編を読むことは叶いません。

汗だくで食べてお腹いっぱい!

翌日の今日は、、、もちろん、トイレとお友達。。。

面白ければ下からシェアをお願いします!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。