自宅で簡単本格中華!その1

中華ってハードルが高そうでなかなか作る機会がないと思いますが、
コツをつかめばとても簡単です。

今日は1時間ちょっとで4品作りました。
料理全般に言えることですが、中華は特にこのコツが重要。

誰でも出来る!簡単中華料理のコツ


多くの人が作る中華料理は圧倒的に炒め物が多いですよね。
炒め物は一気に火を入れて完成させるので、火を入れている時間はほんのわずか。じゃあ何に時間がかかるのかというと、実は「材料を切る」と「調味料を計る」というこの2つなんです。

  • 材料を切る
    材料は作る予定の複数レシピを一気に切ってしまいます。
    特に中華に多い、長ねぎ・にんにく・しょうがのみじん切り、それと唐辛子の小口切りは全レシピ分を先にやってしまいましょう。他にも、まな板を何度も洗うのが面倒なので、野菜やお肉は全部先にまとめて切ったりして工夫しましょう。

 

  • 調味料を計る
    これも材料と同じ。中華はコチュジャン、甜麺醤、豆板醤などいろんな調味料を使いますし、スパイスも結構使います。毎回図ったり、袋から出したりしていると時間がかかるし、中華を面倒臭いものにしてしまいます。
    そして、サラダ油とごま油はつねに出しておく!こういう切ったものや分けた調味料はこういうバットや小さいボウルなどの道具に入れておくと便利です。ちゃんと料理をしようとすると絶対あった方がいいし、時間も早くなるし、逆に場所が狭くても出来るようになります。

    何日でも食べられる、簡単中華肉味噌キャベツ


    このレシピだとひき肉80gとなっていますが、80gとか少なすぎて炒められない、、、。今回は300gで作って、残りは保存。冷蔵庫に入れておけば5日くらい保ちます。
    このレシピを美味しく作るには、キャベツをちゃんと1㎝角くらいに切ることが大事です。大きすぎると肉味噌と混ざりません。

    中華風肉味噌キャベツ

    余った分で出来る、セロリの中華浅漬け


    浅漬けは和風で作るイメージが強いですが、こちらは中華風。
    鶏ガラスープとサラダ油がいい感じのコクを出してくれます。

    セロリの中華浅漬け

    この二つは時間を置いた方が美味しいので、先に作ってしまいます。

    その2に続く。

“自宅で簡単本格中華!その1” への 1 件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。