はじめて料理をするときのオススメアイテム

オススメアイテム


料理をはじめる上で、あった方がいい道具をご紹介します。
ここでは包丁とかまな板とか、普通あるだろ、というものは後にご紹介するとして、あれば捗るよ、というものを挙げていきます。

まずはもう、僕が料理を始める人には必ず「買え!」と押しつけるもの、スタッキングボウルです。

ブランドは問いませんが、大小それぞれ3個づつくらいはあった方がいいです。
これ、何に使うかというと、「計量後の調味料を入れる」「調味料を混ぜる」「みじん切りなど、小さな野菜を入れる」のに使います。
ちょっともったいない気がしますが、塩とか砂糖とか醤油は料理の最初のタイミングで多めにこのボウルに入れておくと、汚れた手でも調味料を料理に加えることができて一気にスピードアップ!

やりがちなのは、小皿で代用すること。

わかるんですけど、その小皿を使いたい場合、いちいち洗って、拭いて使わないといけないですし、金属のスプーンで混ぜるときとかは気を使ってしまいます。
中華のポストでも書きましたが、料理を手際良くするには、材料の下準備が極めて重要です。
これがあるだけで、料理が圧倒的に早くなりますよ!

次にバット。
バットも同じようにお皿で流用されがちなのですが、洗う手間、割れるリスク、油・熱耐性等を考慮すると、絶対にあった方がいいです。
ちゃんと料理をする場合、炒め物等は火の通りを調整するために、先に炒めたものを一旦プライパンからあげるときがあるのですが、その際にもバットは必須。
またホーローのものを買うと、そのまま保存できたりして、非常に便利。
僕は保存容器と揚げ物を分けていて、ホーローと金属と両方持っています。
油切り用の網も買っておくと揚げ物にも便利です。

最後に計量スプーン。
これはお持ちのケースが多いと思うのですが、とにかく料理を美味しく作るコツは「分量通り作る」です。※レシピは信頼できるものに限る。
慣れてきたら目分量でもだいたいの味になりますが、慣れるまでは必ず計量スプーンを使いましょう。

レシピって正解がないんです。プロの人でも必ず味見をします。
だから、レシピ通り一旦作って、その後にゆっくり微調整をしていくんですね。
そのために、「入れすぎ」は避けたいところ。入れすぎると取り除くことができません。
多少面倒でも最初は計量スプーンを使うことをオススメします。

尚、筆者はバーテンダーのティースプーンのごとく、水を入れたカップに計量スプーンを突っ込んで洗った代わりにしています。
こうするといちいち洗わなくても、そんなに味が混ざることがありません。

こんなにあると邪魔じゃん?って思うと思うんですけど、それがどっこい。
キッチンで一番場所をとるのってなんだと思いますか?
それは、「洗い場」なんです。
洗い場がごちゃごちゃしていると料理って全然はかどらない!

ここにあるものを揃えておけば、洗うものと使うもの、盛るものがきっちり分けられるので、案外場所もとりません!

包丁やスライサーやブレンダー等は料理が好きになってきたら買ってください。
また書きますね!

続く。

面白ければ下からシェアをお願いします!!!

料理男子あるある。初心者編

立て!料理男子!


昨今、栗原心平さんの男子ごはんや速水もこみちさんのMoco’sキッチンなど、男性が料理をするテレビ番組の影響もあり、休みの日にご家庭で食事を振る舞うパパや、自宅パーティなどで友達や彼女とご飯を作るメンズも増えてきたのではないでしょうか?

筆者は料理に関係する仕事をしていることもあり、料理歴3年、1週間に10品は料理を作ります。1日3品としても3日とちょっと。1年で400品。これがどれくらいの頻度か大体分かってもらえるかと思います。
レシピを自分で考えられるほどではありませんが、世の中のアマチュア男子の中では料理偏差値60は超えていると思います。

そんな筆者が料理男子について思うことを書き綴り、料理男子を増やしていきたいなと思います。

誰かのために料理をするということ


筆者は料理歴3年と書きましたが、一人暮らしは長かったので、主に鍋とおつまみを中心に自炊は結構していました。しかし、料理といえるものを作るようになったのはここ3年くらい。同棲→結婚というライフステージの変化によるものです。

そこではっきり言っておくと、「料理」と「自炊」というのは別物だということです。
一汁三菜という言葉がありますが、一緒に食べる相手のことを考えて、献立を作るということと、とにかく「安くあげる」ために自炊をすることは別物です。
また、人にもよりますが、一人暮らしで一汁三菜を毎日作るととてもコストが高くつく上に、時間的なROIもあまり合いません。

ですから、今まで一人暮らしで「自炊」をしてきた、ということと「料理経験がある」ということはここでは別ものとして書きたいと思います。

実際、調査のためにいろんな女性にインタビューをしてみると、まぁ彼女たちも一人のときはいわゆるイメージ通りの料理をしていません。「サラダと目玉焼きとご飯だけ」とか、「うどんだけ」とか、男性の方が食べる量が多い分、まだ料理をしているくらいです笑
じゃあいつ作るのかというと、大体が家族のためとか、彼氏のためとか、友達のために作るとか。
そう、料理って誰かのために作るんですね。
※もちろん一人料理も否定しません!

その料理、喜ばれている?


さて、休日に「たまには料理でもして家族サービスをしようかな」と意気込むパパ。「彼女に料理を作っていいところを見せたい!」と思っているメンズ。

その料理は本当に喜ばれているでしょうか?
なぜこんなことをいうかというと、理由は2つです。

「気持ち」というスパイスのおかげで「美味しい!と言わざるをえない」


経験ありませんか?
彼女がはじめて作ってくれた生姜焼きやハンバーグを食べて、
「美味い!(あんま美味くねえな、、、大戸屋の方が美味ぇな、、、)」となったことは。
ホームパーティでお菓子ばっかり減っていくようなことは。

「どう?(どやっ!)」と出された料理に対してはなかなか「まずい!」と言いにくいものです。

というか、まずいわけではないけど、美味しいわけでもなかったりするんですよね。

たまに(はじめて)作る自己流の料理が美味しい可能性は低い


料理というのは今はどこでもネットでレシピが手に入りますから、そのまま作ればいいだけの話と思われがちですが、料理を本当に美味しく作ろうと思えば、材料以上に手順が大事です。

順番通りに炒める、落としぶたをする、野菜の面取りをする等、すごく基本的な手順を抜かすと、調味料の味付けは同じでも、いまいち美味しいものが出来上がりません。
あとなんでもかんでもレンジでチン!というのも、美味しくするのは難しい。
ビジネスと同じで、原理原則というものがあるんですね。

それを知らずに、初心者がいきなり分量だけ見て買い物をしてきて、いつも飲み屋やレストランのカウンターで見る風な手際で料理してしまうものだから、守破離でいう守からやらずに、離になってしまって、あんまり美味しくないんです。

筆者はこれをよく父親で経験しました。
パエリアとか、珍しいものを作りたがるので、子供心には嬉しいのですが、実は微妙という。。。

料理男子あるある 初心者編


まず、筆者も通った道であることをご理解いただきたい!

  • 相手が食べたいものではなく、自分が作りたいものを作りがち
    例えば、ローストビーフ、パエリア、豚の角煮、筑前煮等々、なんだかプラモデルを作るような感じでレシピを選ぶんですね。
    で、サイドメニューをあまり考えないから、ローストビーフとお刺身とかが食卓に並んじゃう。
    しかも作ることに満足するので、自分はあまり食べないのに、「どう?!美味しいでしょ?!」というのはタチが悪い。
    上司が連れて行ってくれたお気に入りのお店が微妙なときのリアクション、難しいですよね?あれと同じです。
    でも、ほとんどの男性は耳が痛いのじゃないでしょうか?

 

  • 家の料理環境を理解せずに始めがち
    どのサイズのプライパンがあるのか、オーブンは使えるのか、耐熱皿や圧力鍋はあるのか等、その器具でないと味や時間が変わってしまうものは結構あります。
    事前に作れるのかどうか、しっかり調査しましょう。
    圧力鍋の代わりに普通の鍋で角煮にチャレンジしたことがあるのは筆者(学生時代)だけではないはず、、、(可能ですが、時間がかかるのとペラペラの鍋では無理です)

 

  • なんでも買いがち
    1に書いたように、まるでプラモデルでも作るかのように、どんどんスパイスやらハーブやら醬やらを買い込み、2度と使えなくなって奥様に怒られたりします。
    最初は比較的使い回しのしやすい調味料で作れるものを作ってみましょう。

 

  • 時間かかりがち
    手順のことをあまり考えていないので、ほぼ間違いなく予定通りに完成しません。
    他の料理が冷めてしまったり、「パパ、ご飯まだ〜」なんて言われてしまったり。

 

  • 後片付け放置しがち
    料理とは、何を作るか決めるところから、後片付けまでです。
    揚げ物を大量に作ったり、お皿を放置しておくとどれくらい洗い物が大変か、キッチンをぐちゃぐちゃにしないためにはどうすればいいか、しっかり考えながらやりましょう。
    後片付けは奥様とか、論外ですよ!

では、そういうことにならないように、これからコツを書いていきたいと思います。

続く

面白ければ下からシェアをお願いします!!!

湘南散歩日記1.29

湘南散歩日記1.29


今日は茅ヶ崎に来てから海を見に行った中では、一番波が大きく、
サーファーの皆様がこのポイントに集まっていました。
暖かくて、富士山もよく見えたので、サーフィンをする以外に散歩に来ていた人もたくさんいました。

普段は素人目に見ても決して大きいとは言えない場所ですが、
今日はすごく大きな波が多く、いつもよりあきらかに上手気な人がたくさん海に入っていました。

しかし、こういう情報は本当にいろんな友達間でやりとりしているんでしょうね。とにかく今日は一極集中って感じでした。

もう少し暖かくなれば、管理人もチャレンジしてみようと思います。

面白ければ下からシェアをお願いします!!!

沼津港深海水族館にワニグチツノザメなるものが!

ワニグチツノザメ!!!


沼津にある知る人ぞ知る、深海魚専門の水族館が珍しいワニグチツノザメという魚を捕獲したそうです。
この沼津港深海水族館、なんと世界で唯一の冷凍シーラカンスを展示しているそう!

これ、一体なんなのでしょうか!?!?
その後のツイートで「ワニグチツノザメ」という名前だと訂正されました。

ワニグチツノザメ(鰐口角鮫、英: Viper dogfish、学名: Trigonognathus kabeyai)はカラスザメ科に属するサメの一種。稀種。主に日本近海から得られており、日中は水深300mの深海に潜み、夜間には表層に浮上する。最大で54cm。体は円筒形で細く、三角形の大きな顎と針状の歯を持つ。2基の背鰭には1本ずつ棘があり、腹面を中心に無数の発光器を持つ。

餌は主に硬骨魚で、特殊化した大きな顎を突出させて捕える。無胎盤性の胎生である。IUCN保全状況について情報不足としている。
wikipediaより

今見られるのかな?と思っていたら、、、

お亡くなりになられたようです。。。アーメン。

沼津港深海水族館はときに珍しい深海魚を捕まえて、こうして一般公開にチャレンジしてくれます。
過去にはラブカやゴブリンシャークも。

というか、サイト見てると結構な頻度でラブカ捕まえてますね。

ラブカ(羅鱶、学名 Chlamydoselachus anguineus)は、カグラザメ目ラブカ科に属するサメの1種である。ラブカ科の現生種は2種のみ。外見からウナギザメ(鰻鮫)と呼ばれることもある。大西洋太平洋大陸斜面、水深500–1,000メートルの海底で生活するが、日本では駿河湾相模湾などで浅海に上がってくる。原始的なサメの特徴が見られることから生きている化石と呼ばれる。全長2メートルに達し、は体後部に集中する。鰓弁は大きくヒダ状になり、英名 frilled shark の由来ともなっている。

wikipediaより

そして2〜3日すればだいたい死んじゃうのか、、、

この水族館のツイッター、ちょっと狂ってて楽しいです。
誰得情報たくさん。

ここ、そんなに遠くないから、今度行ってみよう!

前のポストで書いた、この魚もいるのかしら?

こういうとこ、必ず海洋堂のフィギュアガチャガチャありますよね。
旭山動物園にも、江ノ島水族館にも、ダイオウイカ展示会にも全部あった。
あれ買ってしまうんですよね、、、

面白ければ下からシェアをお願いします!!!

水が怖いウチの犬。

海までの散歩は最高です


湘南に来てからというもの、週末は必ず近くの海まで散歩に行きます。

湘南の海は真冬でも全国的な大寒波じゃない限りとても暖かくて、サーファーやランナーだけじゃなく、家族連れや一人でボーッと海を眺めているおじさんまで、たくさんの人を惹きつけます。

真冬の海で、、、

なんと、この1月の真冬の空の下、ピクニックをされていました。
この日は本当に暖かく、Tシャツでお子様と遊んでいるお父さんもいました。

サーフィン終わりでしょうか、、、

すごく、湘南チックというか、ビッグウェンズデーのような写真w

海から遠い時は元気

ミニピンのタケヲも海から離れているときは元気で、テンションも高いです。
それにしても湘南は本当に犬が多い。
茅ヶ崎東海岸あたりは散歩時間になるとワラワラと道から犬が出てきます。

たまにはこんな深海魚だか、サメだかよくわからない魚が打ち上げられていたり、、、

珍しい、、、

うちのタケヲは水が嫌いで、普段のお風呂も苦手です。
余談ですが、ペットシャンプーに預けて洗ってもらった後に自宅に帰ってきたら、ストレスからか戻してしまうことも。

強引に海に連れていこうとすると、こうなります。

相当イヤなようです笑

いつか一緒に海に入れる日が来るんでしょうか?

面白ければ下からシェアをお願いします!!!