とり野菜みそで鍋レパートリーを増やそう

とり野菜みそとは?


とり野菜みそというのをご存知でしょうか?

石川県のソウルフードらしく、石川県ではどこでも売っているらしいのですが、最近ではテレビで取り上げられたこともあり、スーパーでも売っているところがありますし、ネットでも気軽に買えます。

このとり野菜みそ、てっきり「鶏」野菜みそかと思いきや、「もっと野菜を摂り」野菜みそ、という意味らしく、なんじゃそりゃって感じなんですけど、その通り、野菜を大量に頂くのには最高の鍋が出来るのです。

一人で食べるなら味噌汁くらいのイメージで野菜と肉をぶっこんで煮るだけで美味しい味噌鍋の完成。ニンニクが効いたコクのあるお出汁でどんどん食が進みます。

筆者はこのとり野菜みそとの付き合いが結構長いのですが、始めて知ったのは「滋賀県」のとり野菜みその方でした。

個人的にはこの滋賀県の方が味が好みなのですが、独自通販なのと、分量が多く結構高いので1シーズンで食べきれなくってもったいないことをしたりして、最近では簡単に手に入る石川県まつやさんのとり野菜みそを買っています。

とり野菜みそで絶品お鍋


こんな感じで一回分を小分けにして売ってます。

鍋に入れてこれくらい。これで4人くらいいけます。
これ以外に出汁は全く不要です!

野菜大量!
我が家は春菊、白菜、ネギ、人参、えのき、豆腐です。

オススメは春菊とネギ。春菊は煮込みすぎると崩れてスープが汚れてくるので注意しましょう。

お肉は豚か鶏ももがいいです。豚はロースだと肩ロースが味が強いのでスープに負けなくてオススメ。バラもいいですが、ちょっと重くなることもありますので、その辺は調整してください。

今日は作りませんでしたが、最後のスープにラーメンを入れても絶品!!!まるで天下一品のような濃厚ラーメンをご自宅でいただけます。

その日に食べられなくても翌日に作って美味しくいただけますよ!

ということで、簡単出汁いらずの激ウマ鍋、とり野菜みそ鍋をご紹介しました。

面白ければ↓からシェアをお願いします!

AnkerのUSB急速充電器が捗りすぎてもう1つ買った話

こちらで大絶賛しております、AnkerのUSB急速充電器ですが、
あまりにも充電ライフが捗るのと、MacbookのUSB-type Cをつないで
さらにデスクの上を整理したかったので、以前のものは寝室に移管し、新しくこちらを購入。

※3/11現在、在庫切れのようです。

以前のものは出力数の問題で、iPhone・iPad等は高速充電できるのですが、ケーブルを変えてMacbookを充電しようとすると、供給が追いつかず、電池が減っていくという現象がおこっていたので、今回はこちらに変更。

USBポートが4つ、typeCが一つ。十分です。

うーむ。なんというスッキリ具合。
マットな黒でデザインもイケてます。

そして、Macbookへの充電は、、、完璧!!!
ほぼ純正と変わらないんじゃないのこれ?!

非常にスムーズに充電してくれます。
出張とかこれとケーブルを持っていけば急速充電できるので、非常にオススメ。

Macbook ProでもUSB-type Cになった最近のモデルだと充電できるようです。

ということで、やはりAnkerのUSB急速充電器は最高です、という話。

面白ければ↓からシェアをお願いします!

人気メーカーのBluetoothスピーカーを聴き比べてみた!

最近はスマホからBluetoothで音楽を飛ばして、ポータブルスピーカーで音楽を聴く人も増えています。

筆者もBBQなどの持ち歩きはもちろん、リビング以外ではBluetoothスピーカーで音楽を聴いています。

そこで、音楽好きなら誰でもやってみたいBluetoothスピーカーの聴き比べを主要3メーカーでやってみました。

あんまり専門的なことは書けないので、直感&主観レビューです。

比べたのはこの3つ。価格はすべてAmazon価格です。

BOSE Soundlink Mini(約23,000円)

Bluetoothスピーカーの大ヒット。言わずとしれたBOSEの名作。
筆者が持っているのは初代機で、今は2代目が出ていますが、家電量販店で見たことがある人も多いと思います。

JBL CHARGE+2(約13,000円)

老舗スピーカーブランドから彗星のごとく現れた、JBL CHARGEシリーズ。

JBLスピーカーにはファンも多く、スタジオモニターシリーズ等プロの現場でもよく使われています。

SONY SRS-X2(約15,000円)

ソフトからハードまで、プレーヤーからスピーカーまで幅広くカバーする大手メーカー。

デザイン性も高く、筆者はヘッドフォン、イヤフォンはとても好きです。

まず、音質以外のスペックから比較してみます。

サイズ


サイズはこんな感じ。

JBLは明らかに大きいです。これでも中間サイズのはずですが、ちょっとポータブルというサイズじゃないかも、、、

SONYとBOSEは同じくらいのサイズです。高さはSONYの方があるけど、その分幅が狭いという感じ。

JBLは旅行鞄に入れるとちょっと大きいかなという気がしますね。

重さ


BOSE 664g > JBL 595g > SONY 423g

はっきり言って、BOSEは重すぎる。これは音質と関係ありそうですが、SONYと比べると明らかに重い。

JBLはサイズを考慮に入れるとこんなもんかなと思いますが、それでもちょっと重い。

SONYの軽さは女性だとかなりありがたいのではないでしょうか。ただし、この時点で音質がある程度想像がつきます。

この軽さだと大きな出力は耐えられないでしょう。

デザイン


これはもう圧倒的にBOSEがカッコいいし、邪魔にならないデザインです。

このデザインに惹かれて1ランク上のBOSE製品を買う人も多いと思います。
※筆者はこのタイプ。リビングはWaveRadio

JBLはちょっと無骨すぎて女性は買いにくいかもしれない。女性の部屋にあると、「おお。元カレの?」と思っちゃいます。

一方で、SONYは少し可愛いというか、大人しい。音楽ファンの気配がしない。これが男性の部屋にあると、「おお。元カノの?」とは思わずに、「ふっ。ド素人が、、、」と思っちゃいます。

UI(ユーザーインターフェース)


BOSEは電池残量とBluetoothがつながってるかどうかがわかりにくい。
あと、2代目からは直ってますが、スピーカーの下にUSBドックつけるってどういう神経しとんねん、、、

JBLは操作性や電池残量のわかりやすさは完璧なのですが、

底の部分の面積が狭く、やや安定性に欠けます。不安定な野外とかでどうだろうか、、、

SONYは電池残量がわかりにくい以外は特に問題ないかな。

では、肝心の音質にいってみましょう。

BOSE、JBL、SONYの音質比較


聴き比べには下記を利用しました。いずれもiTunesのDL音源です。

Disclosure / F for U

イギリスの若き、期待のダンスミュージックデュオ。なんと今年活動休止を発表しました。UKガラージとか、ディープハウスとか言われますね。
余談ですがこのPVかっこよすぎる。生で見たかった。

Inner Life / I’m caught up in a one night love affair

かのJocelyn Brownを擁したInner Lifeのデビュー曲にして、ガラージクラシック、フリーソウルの名曲です。

では、それぞれメーカー別に。

BOSE、Soundlink Miniの音質


・総じて言うと”鳴りすぎて”疲れる
・低音の迫力は振動がしっかり伝わってくるし、高音もクリア
・ただし、中音域がこもって全然聞こえない
・迫力はあるし、「お!いい音!」と思うけど、曲と場所を選ぶ
・デスクの上に置くと振動がウザい
・その場を疑似クラブにしたい人にはオススメ

Soundlink MiniでDisclosureを聴くと、、、
・キックがボッボッと鳴り、振動が凄い
・低音が強すぎて、他の音が聞こえない
・ヴォーカルとキックが強すぎるように思う

Soundlink MiniでInner Lifeを聴くと、、、
・出だしから迫力満点
・ギターのカッティングもキレ抜群。
・ストリングスの鳴りも伸びやか
・ヴォーカルも臨場感あり、素晴らしい
・やっぱり、ちょっと低音鳴りすぎ?

JBL、CHARGE+2の音質


・素晴らしくまとまった音
・細部まで表現力豊かで疲れない
・BOSEより迫力はないがバランスのとれたいい音
・低音の割にデスクに響かない。ウーファーのコーンの位置がいいのかな、、、

JBL CHARGE+2でDisclosureを聴くと、、、
・キックは小気味よく、タイトに鳴る
・裏打ちのハイハットもクリアに聞こえる
・ヴォーカルの繊細な音まで表現されている

JBL CHARGE+2でInner Lifeを聴くと、、、
・キック抑えめも鳴りよし
・ギターのカッティングもキレ抜群
・ストリングスの鳴りも伸びやか
・ヴォーカルがちょっと大人しいが細部までしっかり聴き取れる
・まとまりが良い

SONY SRS-X2の音質


・いい意味でも悪い意味でものっぺりしている
・ラジオのようにデスクで聴くなら悪くないけど、、、
・小音で聴くならともかく、ちょっと音量上げて聴くレベルにない
・音量を上げるとアラが出るので、狭い部屋向き
・1.5万円の音質とは思えない(悪い意味で)

SONY SRS-X2でDisclosureを聴くと、、、
・低音鳴らなさすぎ
・ヴォーカルだけやたら大きくペラペラの音質
・音量大きくするとスネアの音が割れる
・原曲の格好良さが完璧に消えてる、、、

SONY SRS-X2でInner Lifeを聴くと、、、
・disclosureよりマシかな、、、
・同じようにキックとベースが全然鳴ってない
・全体的にのっぺりとしてキレがない音
・POPSをゆっくり聞くのにむいているかも、、、

まとめ


まず、そこそこ音楽好き、音質大事という人にはJBLイチオシ。コスパ良すぎ!

JBLを聴くとBOSEはDQN感がすごい。
ただし、音量を上げた時のBOSEの迫力は凄いので、迫力重視、低音ブリブリという人にはBOSEの方が向いてます。

筆者もBOSEをIbizaに持っていきましたが、Hard Rock Hotelに備え付けの何倍もの大きさのLGよりも良く鳴ってました。
なので、ちょっとしたオフィスというか、そこそこの距離を置いて鳴らすならBOSEが一番いいと思います。

JBLは大きいですが、BOSEは重いのでどっこいどっこいですね。

バランス高音質型:JBL

爆音低音型:BOSE

SONYは、、、正直筆者は買いません。

音質があまりにもショボすぎる。
ただ、ボリュームを抑えて聞きたい場合はボーカルの大きさは大事だし、POPSをゆっくり流すのには一番向いているかもしれない。
このスピーカーは女性スタッフに借りたのですが、それはそれで合っている気がしますね。

ということで、筆者のオススメは圧倒的にJBLです!

昨日、ポテトサラダの記事がはてぶ新着に載ってたくさんの人に読んでもらえました。

ありがとうございました。

面白かったら↓からシェアをお願いします!

アクアダンスという防水スプレーが超絶凄い

突然ですが、防水スプレーって使ってます?
特にスエードを中心にした革物や、ナイロンブルゾンにかけておくと撥水してくれるあのスプレーです。

筆者がスノーボードを頻繁にやってた頃は、GORE-TEXと言えど、それなりに撥水力が低下してくるので使っていましたが、最近はめっきり使うことがなくなりました。

ところが、奥さんがハンズの街頭セールで買ってきた、このアクアダンスを使ってみると、、、衝撃!!!

こんなに水って弾くもんなんですね。

恐るべし撥水力!アクアダンス!


まずは最近新調したUGG。メンズはこちらが安いですよ、、、

このUGG。ビーチシューズのくせに見ての通り水に弱い。
特にドライビングシューズのような形をしているので、雨の日の後に歩いたりすると、ヒールの周りのスエードが水を吸ってしまったりして大変です。

まずスプレーしてみます。本当は before→afterが良いのですが、そこまでの勇気はなくw

 

このUGGにアクアダンスで撥水加工してから水をかけてみると、、、

なんということでしょう!!!

女子高生の肌のように水を弾くじゃありませんか!!!

これ、ウィメンズのブーツと合わせたら最強の気配。多少の雪なら無敵かも。

次に先日ロンハーマンで買ったこのポーチ。
アウトドアで使い倒してやろうと思っております。

これにも、、、※色々使ったので、途中でなくなります。

なんということでしょう!!!(ry

革やダウン系のナイロンなど、デリケートな素材でも変色しませんし、とてもいい。折りたたみ傘に振っておくと水切りがスムーズで、電車の中やカバンの中がドボドボになるようなこともありません。

とまぁ全面的に信頼していますが、こういうものはそのうち効果もなくなってくるので、その都度振り直してはまた撥水を試す。というのが楽しいですよね。

ということで、アクアダンスはマストバイです、という話でした。

おしまい。

面白ければ↓からシェアをお願いします!!!

話題のKOIKEYA PRIDE POTATOを食べてみた

KOIKEYA PRIDE POTATOとは?


話題のKOIKEYA PRIDE POTATO(コイケヤプライドポテト)をご存知でしょうか?

いろんな店舗で売り切れ続出。入手困難と言われる湖池屋プライドポテト。
パッケージによると、

 

素材、皮の剥き方、洗い方、揚げ方、

暑さ、油の種類、仕上げ・・・

まるで料理を作るように、

ポテトチップスづくりにこだわっていた

創業時代の情熱をもう一度。

日本産のじゃがいも100%使用し、

素材も製法も一切の妥協なく、

老舗・湖池屋のプライドをかけて

理想のおいしさを追求しました。

軽やかなのに味わい深い。、

これぞ日本のポテトチップスです。

 

とのこと。
このポテトチップスをGETしたので、感想を書きたいと思います。

まず、パッケージは素敵です。
高級路線で、後出しですが、味を端的に表現していると思います。

湖池屋プライドポテトはうまいのか?


食べてみました。

えーと。美味いです。

ただし、これ、好みが分かれます。
ラ王よりもチキンラーメンが好きな人がいるように。北川景子さんよりも藤田ニコルさんが好きな人がいるように。

まず、食感。
パリッというより、サクッ。
一枚が厚めに切ってあり、これ、皮ごとスライスしている?
強い食感としっかりとした食べ応えが特徴。ペラペラのポテチにありがちな、口の中を指してくるような攻撃性は一切ありません。
一方で一枚が結構重い。油もまぁまぁ吸ってますね。

自宅でポテトチップスを作ったことがある人、もしくはそれを食べたことがある人はわかるかもしれませんが、そういう食感です。

次に風味。
これは全然違う。こっちは芋の味、普通のポテトチップスは油の味。
どちらが好みかというのはモスかマクドか議論に近い。
芋独特の風味はこちらの方が強いです。

最後に味。
塩味はこちらの方が強い。でもこれ、塩分が強いというよりは塩の香りが強い、という方が正しい気がする。海苔も同じですね。
あと、一味の辛味もこちらが目立ちます。
油の味が薄い分、味付けは強く感じます。

余談ですが、これ、高級ビールと一緒で途中からよくわからなくなりますねw

ということで、これで160円。
アラフォーおっさんの筆者は、お店に並んでたらこっちを買いますが、探し回るほどではないかもしれない、、、

でも、カルビーという巨人に真っ向立ち向かうコイケヤさんが出すというところにブランディングの妙というか、面白さがあったり。

他の味も食べてみよう。

おしまい。

面白かったら↓からシェアをお願いします!