Ibiza2日目、AmnesiaでClaptone

Hard Rock Hotel Ibiza


Flower Powerでがっちり遊んだ後、5時間くらい寝て翌日の朝、まずはホテルを満喫するところから始めました。

筆者達が今回の旅で選んだIbizaのホテルは、Hard Rock Hotel Ibiza

Hard Rock Hotelは世界中のリゾート地で展開する割と高めのリゾートホテル。ちょっと頑張った。

写真を撮るのを忘れましたが、ホテルの中にはたくさんのロック・スターグッズがあり、筆者のフロアはノエル・ギャラガーのネルシャツが飾ってありました。

早速、ホテルの朝食を頂こうと張り切っていくと、

「うお!シャンパンまであるじゃん!サイコー!朝シャンだー!」

て感じで、テンションMAX!

この朝食、超絶美味しかった!

それもそのはずで、一人48€。6,000円、、、。
筆者達は結局この旅で3回この朝食を食べました。Ibizaでこれが一番美味しかったw

そして朝食の後はホテルのプールへ。

もう天国かと思うような時間でした。

ただ、9月最終週ということもあり、水がちょっと冷たい。
真夏だと最高だったと思います。

尚、この水、5€。マジで超神水。。。

Hard Rock Hotelはイビサ空港から近いこともあって、空には飛行機がビュンビュン。

The Roostersの名曲、C.M.C.を思い出しながら、「これ、落ちてきたら地獄だな、、、」などと考えておりました。

The Roosters / C.M.C.

午前中はこうしてマッタリ過ごした後に、ボート・パーティーという船上のDJパーティーに向かいました。

ボート・パーティーはいわゆる一流DJは出ないものの、船上でサンセットを見ながらパーティーを楽しめるというイビサならではのイベント。
※写真はオフィシャルから拝借

筆者達は横浜のGreen Roomで乗ったFPMのDJがすごくよかったのと、夜のAmnesiaのvip terraceチケットが割安になるということもあり、日本からチケットを購入していきました。

ボートが出るのはサン・アントニというCafe del Marのある町で、ホテルのあるプラヤ・デン・ボッサからはバスで30分くらい。

15時くらいに船が出るんですけど、集合のカフェにはなんと2時間前集合。
なぜかというと、そこで飲ませたい。そういうプランなのか癒着なのか、とにかくすでに不快。

さらにカフェで待ってると、パーティー参加者がどんどん入ってきますが、これが非常に客層が悪くて、「うわー」って感じ。
ボートパーティーは夜のクラブよりも幾分安いので、そういうこともあるんですね。

そのカフェで待ってるのも辛いので、ちょっとボートでも見に行くかと港に行くと、なんか船もショボい、、、。横浜で乗ったのと違う、、、

船は一回出ると3時間帰ってこれないので、これは疲れるだけだなと思い、すでに結構疲れていた筆者達はチケット代を捨てて船に乗ることを断念。これは英断でした。
こういうことで喧嘩にならず、意見が一致するのが我々夫婦の良いところです。

ということで、さっさと退散して夜のAmnesiaに備えます。

Amnesia, Together, Claptone


Amnesiaはイビサでは割と新しい、泡パーティーで有名なクラブ
日本ではこれは妙にピックアップされていますが、イビサのパーティー全てが泡が出るわけではない(むしろここだけ)ですし、Amnesiaもいつも泡パーティーをやってるわけではありません。

なんか、聞いた話では泡パーティーは週の真ん中で集客力のないDJを補うために始めたとかなんとか。

Amnesiaはイビサタウンとサン・アントニの間くらいにあり、プラヤ・デン・ボッサからディスコバスで20分ちょい。昼間にサン・アントニに向かうことがあれば、「あ、あれがAmnesiaかー」って見つかります。

ここが、なんというか、田舎の国道のど真ん中にポツンとあるクラブで、「え?本当にここ?」って感じ。なんか工場にネオンがついてるような感じ。夜にディスコバスで行くと、暗くて結構怖い。なんか、Agehaがさらに田舎にある感じ。

ここのTogetherというパーティーにClaptoneというDJが出るので、これが見たくてAmnesiaにやってきました。

ClaptoneはGregory Porter – Liquid Spirit (Claptone Remix)という曲が2015年イビサで最もShazamされ、Ibiza DJ Awardでベストプロデューサーを受賞、2016年Ibiza DJ AwardのHOUSE部門でWinnerを獲ってる今ハウスでは一番勢いがあるDJ。黒服に黄金のマスク、白い手袋がアイコンです。

筆者はこのClaptoneが大好きで、2016corona sunset沖縄での来日を見逃したので、何がなんでも見たかった。かっこいいですよ。

Amnesiaはとても大きな箱で、Main Roomが2,000人、Terraceは多分4,000人くらい入りそう。なぜかMain Roomの方が小さいんですね。

フロアはすごく広くて、入り口近くの導線は混みますが、DJブース前は比較的空いていて、後で書くFatboyslimの時は超満員だったのですが、その時でもブース前はマシでした。

ブース前

おおお!Claptoneだ!

ブース前からフロアの後ろに向かって

Terraceの真ん中にはこんな感じでお立ち台があって、盛り上がってくるとクラブお抱えのお姉さん達が踊り始めます。

Amnesiaはエントランスが大体35€くらいで、Pachaや昨年クローズしたSPACEよりは少し安く、ドリンクもPachaよりちょっと安い。それでも10€とかしますが。

フロアの雰囲気は開放感があり、天井も高いのでAgehaによく似ています。
Vip terraceという張り出しのバルコニーみないなところに入れるようになるのが+20€くらいなのですが、ここが超オススメ!
トイレも混まないし、専用のバーカウンターもあるし、下のフロアより空いているのでとても快適です。ブース前に行きたければ降りて行けばいいし。

ただ、個人的には音質があんまり好みじゃなかった。低音が強すぎる気がして。

でもClaptoneはすごく格好良くて、それだけに60minだったのがすごく残念だった。

今回のIbizaツアーで色んなDJが色んなバージョンでかけていた曲で、Classicではあるけど、そんなにバンバン使うものなのかなーって思って印象深い曲がいくつかあって、Claptoneも結構かけていた。

Renegade Master / Wildchild

フロア

オリジナル

Move your body / Marshall Jefferson

フロア

オリジナル
MARSHALL JEFFERSON – MOVE YOUR BODY

Move your bodyは超超クラシックでアンセムなので、まぁそうなのかな。

そして意外だったのが、これ。この頃のsetには結構入れていたことが後ほど判明。
ちょっとBMPゆっくりにしてあるかな。

Born Slippy/ Underworld

日本ではあんまり見られないだろうClaptoneを見て、満足してホテルに帰ったところ、、、

部屋のドアが開かない、、、

ホテルの受付で事情を説明したらカードを新たに持ってきて開けてくれたんですけど、これ、カードの不具合な感じじゃなくて、なんか詰まってる感じなんだけど、再現したらやだな、、、と思った。

その時にホテルの人は「次のベッドメイクで部屋変えますね」って言ってくれたので、とりあえず安心して就寝!!!

Claptone、渋谷に来る!


イビサまで行かないと見れない!!!と思ったClaptoneがなんと12月に渋谷に、、、。クソーと思いながらwombに。

現地では黄金マスクも配ってくれて、こっちの方がいいじゃねえか(怒

そして、渋谷のプレイの最後に、、、

なんとYou’ve got the love!!!!しかもClapton Remix ? ? ?こんなのあんのか!

You’ve got the love
フロア

オリジナル

この曲、イビサでありとあらゆるDJが絶対というレベルでセットに入れていて、バージョンや長さは違うものの、イビサのアンセム的に使われていた。

これ、絶対申し合わせっていうか、みんなそういう風に使ってる。だって、この曲聴くとまたイビサに行きたくなるもん。

これから行く人は絶対知っておいた方がいいです。シンガロング入ります。

最後にイビサを思い出してグッときてしまいました。

ということで、3日目に続く。

面白かったら↓よりシェアをお願いします!

とり野菜みそで鍋レパートリーを増やそう

とり野菜みそとは?


とり野菜みそというのをご存知でしょうか?

石川県のソウルフードらしく、石川県ではどこでも売っているらしいのですが、最近ではテレビで取り上げられたこともあり、スーパーでも売っているところがありますし、ネットでも気軽に買えます。

このとり野菜みそ、てっきり「鶏」野菜みそかと思いきや、「もっと野菜を摂り」野菜みそ、という意味らしく、なんじゃそりゃって感じなんですけど、その通り、野菜を大量に頂くのには最高の鍋が出来るのです。

一人で食べるなら味噌汁くらいのイメージで野菜と肉をぶっこんで煮るだけで美味しい味噌鍋の完成。ニンニクが効いたコクのあるお出汁でどんどん食が進みます。

筆者はこのとり野菜みそとの付き合いが結構長いのですが、始めて知ったのは「滋賀県」のとり野菜みその方でした。

個人的にはこの滋賀県の方が味が好みなのですが、独自通販なのと、分量が多く結構高いので1シーズンで食べきれなくってもったいないことをしたりして、最近では簡単に手に入る石川県まつやさんのとり野菜みそを買っています。

とり野菜みそで絶品お鍋


こんな感じで一回分を小分けにして売ってます。

鍋に入れてこれくらい。これで4人くらいいけます。
これ以外に出汁は全く不要です!

野菜大量!
我が家は春菊、白菜、ネギ、人参、えのき、豆腐です。

オススメは春菊とネギ。春菊は煮込みすぎると崩れてスープが汚れてくるので注意しましょう。

お肉は豚か鶏ももがいいです。豚はロースだと肩ロースが味が強いのでスープに負けなくてオススメ。バラもいいですが、ちょっと重くなることもありますので、その辺は調整してください。

今日は作りませんでしたが、最後のスープにラーメンを入れても絶品!!!まるで天下一品のような濃厚ラーメンをご自宅でいただけます。

その日に食べられなくても翌日に作って美味しくいただけますよ!

ということで、簡単出汁いらずの激ウマ鍋、とり野菜みそ鍋をご紹介しました。

面白ければ↓からシェアをお願いします!

AnkerのUSB急速充電器が捗りすぎてもう1つ買った話

こちらで大絶賛しております、AnkerのUSB急速充電器ですが、
あまりにも充電ライフが捗るのと、MacbookのUSB-type Cをつないで
さらにデスクの上を整理したかったので、以前のものは寝室に移管し、新しくこちらを購入。

※3/11現在、在庫切れのようです。

以前のものは出力数の問題で、iPhone・iPad等は高速充電できるのですが、ケーブルを変えてMacbookを充電しようとすると、供給が追いつかず、電池が減っていくという現象がおこっていたので、今回はこちらに変更。

USBポートが4つ、typeCが一つ。十分です。

うーむ。なんというスッキリ具合。
マットな黒でデザインもイケてます。

そして、Macbookへの充電は、、、完璧!!!
ほぼ純正と変わらないんじゃないのこれ?!

非常にスムーズに充電してくれます。
出張とかこれとケーブルを持っていけば急速充電できるので、非常にオススメ。

Macbook ProでもUSB-type Cになった最近のモデルだと充電できるようです。

ということで、やはりAnkerのUSB急速充電器は最高です、という話。

面白ければ↓からシェアをお願いします!

人気メーカーのBluetoothスピーカーを聴き比べてみた!

最近はスマホからBluetoothで音楽を飛ばして、ポータブルスピーカーで音楽を聴く人も増えています。

筆者もBBQなどの持ち歩きはもちろん、リビング以外ではBluetoothスピーカーで音楽を聴いています。

そこで、音楽好きなら誰でもやってみたいBluetoothスピーカーの聴き比べを主要3メーカーでやってみました。

あんまり専門的なことは書けないので、直感&主観レビューです。

比べたのはこの3つ。価格はすべてAmazon価格です。

BOSE Soundlink Mini(約23,000円)

Bluetoothスピーカーの大ヒット。言わずとしれたBOSEの名作。
筆者が持っているのは初代機で、今は2代目が出ていますが、家電量販店で見たことがある人も多いと思います。

JBL CHARGE+2(約13,000円)

老舗スピーカーブランドから彗星のごとく現れた、JBL CHARGEシリーズ。

JBLスピーカーにはファンも多く、スタジオモニターシリーズ等プロの現場でもよく使われています。

SONY SRS-X2(約15,000円)

ソフトからハードまで、プレーヤーからスピーカーまで幅広くカバーする大手メーカー。

デザイン性も高く、筆者はヘッドフォン、イヤフォンはとても好きです。

まず、音質以外のスペックから比較してみます。

サイズ


サイズはこんな感じ。

JBLは明らかに大きいです。これでも中間サイズのはずですが、ちょっとポータブルというサイズじゃないかも、、、

SONYとBOSEは同じくらいのサイズです。高さはSONYの方があるけど、その分幅が狭いという感じ。

JBLは旅行鞄に入れるとちょっと大きいかなという気がしますね。

重さ


BOSE 664g > JBL 595g > SONY 423g

はっきり言って、BOSEは重すぎる。これは音質と関係ありそうですが、SONYと比べると明らかに重い。

JBLはサイズを考慮に入れるとこんなもんかなと思いますが、それでもちょっと重い。

SONYの軽さは女性だとかなりありがたいのではないでしょうか。ただし、この時点で音質がある程度想像がつきます。

この軽さだと大きな出力は耐えられないでしょう。

デザイン


これはもう圧倒的にBOSEがカッコいいし、邪魔にならないデザインです。

このデザインに惹かれて1ランク上のBOSE製品を買う人も多いと思います。
※筆者はこのタイプ。リビングはWaveRadio

JBLはちょっと無骨すぎて女性は買いにくいかもしれない。女性の部屋にあると、「おお。元カレの?」と思っちゃいます。

一方で、SONYは少し可愛いというか、大人しい。音楽ファンの気配がしない。これが男性の部屋にあると、「おお。元カノの?」とは思わずに、「ふっ。ド素人が、、、」と思っちゃいます。

UI(ユーザーインターフェース)


BOSEは電池残量とBluetoothがつながってるかどうかがわかりにくい。
あと、2代目からは直ってますが、スピーカーの下にUSBドックつけるってどういう神経しとんねん、、、

JBLは操作性や電池残量のわかりやすさは完璧なのですが、

底の部分の面積が狭く、やや安定性に欠けます。不安定な野外とかでどうだろうか、、、

SONYは電池残量がわかりにくい以外は特に問題ないかな。

では、肝心の音質にいってみましょう。

BOSE、JBL、SONYの音質比較


聴き比べには下記を利用しました。いずれもiTunesのDL音源です。

Disclosure / F for U

イギリスの若き、期待のダンスミュージックデュオ。なんと今年活動休止を発表しました。UKガラージとか、ディープハウスとか言われますね。
余談ですがこのPVかっこよすぎる。生で見たかった。

Inner Life / I’m caught up in a one night love affair

かのJocelyn Brownを擁したInner Lifeのデビュー曲にして、ガラージクラシック、フリーソウルの名曲です。

では、それぞれメーカー別に。

BOSE、Soundlink Miniの音質


・総じて言うと”鳴りすぎて”疲れる
・低音の迫力は振動がしっかり伝わってくるし、高音もクリア
・ただし、中音域がこもって全然聞こえない
・迫力はあるし、「お!いい音!」と思うけど、曲と場所を選ぶ
・デスクの上に置くと振動がウザい
・その場を疑似クラブにしたい人にはオススメ

Soundlink MiniでDisclosureを聴くと、、、
・キックがボッボッと鳴り、振動が凄い
・低音が強すぎて、他の音が聞こえない
・ヴォーカルとキックが強すぎるように思う

Soundlink MiniでInner Lifeを聴くと、、、
・出だしから迫力満点
・ギターのカッティングもキレ抜群。
・ストリングスの鳴りも伸びやか
・ヴォーカルも臨場感あり、素晴らしい
・やっぱり、ちょっと低音鳴りすぎ?

JBL、CHARGE+2の音質


・素晴らしくまとまった音
・細部まで表現力豊かで疲れない
・BOSEより迫力はないがバランスのとれたいい音
・低音の割にデスクに響かない。ウーファーのコーンの位置がいいのかな、、、

JBL CHARGE+2でDisclosureを聴くと、、、
・キックは小気味よく、タイトに鳴る
・裏打ちのハイハットもクリアに聞こえる
・ヴォーカルの繊細な音まで表現されている

JBL CHARGE+2でInner Lifeを聴くと、、、
・キック抑えめも鳴りよし
・ギターのカッティングもキレ抜群
・ストリングスの鳴りも伸びやか
・ヴォーカルがちょっと大人しいが細部までしっかり聴き取れる
・まとまりが良い

SONY SRS-X2の音質


・いい意味でも悪い意味でものっぺりしている
・ラジオのようにデスクで聴くなら悪くないけど、、、
・小音で聴くならともかく、ちょっと音量上げて聴くレベルにない
・音量を上げるとアラが出るので、狭い部屋向き
・1.5万円の音質とは思えない(悪い意味で)

SONY SRS-X2でDisclosureを聴くと、、、
・低音鳴らなさすぎ
・ヴォーカルだけやたら大きくペラペラの音質
・音量大きくするとスネアの音が割れる
・原曲の格好良さが完璧に消えてる、、、

SONY SRS-X2でInner Lifeを聴くと、、、
・disclosureよりマシかな、、、
・同じようにキックとベースが全然鳴ってない
・全体的にのっぺりとしてキレがない音
・POPSをゆっくり聞くのにむいているかも、、、

まとめ


まず、そこそこ音楽好き、音質大事という人にはJBLイチオシ。コスパ良すぎ!

JBLを聴くとBOSEはDQN感がすごい。
ただし、音量を上げた時のBOSEの迫力は凄いので、迫力重視、低音ブリブリという人にはBOSEの方が向いてます。

筆者もBOSEをIbizaに持っていきましたが、Hard Rock Hotelに備え付けの何倍もの大きさのLGよりも良く鳴ってました。
なので、ちょっとしたオフィスというか、そこそこの距離を置いて鳴らすならBOSEが一番いいと思います。

JBLは大きいですが、BOSEは重いのでどっこいどっこいですね。

バランス高音質型:JBL

爆音低音型:BOSE

SONYは、、、正直筆者は買いません。

音質があまりにもショボすぎる。
ただ、ボリュームを抑えて聞きたい場合はボーカルの大きさは大事だし、POPSをゆっくり流すのには一番向いているかもしれない。
このスピーカーは女性スタッフに借りたのですが、それはそれで合っている気がしますね。

ということで、筆者のオススメは圧倒的にJBLです!

昨日、ポテトサラダの記事がはてぶ新着に載ってたくさんの人に読んでもらえました。

ありがとうございました。

面白かったら↓からシェアをお願いします!

アクアダンスという防水スプレーが超絶凄い

突然ですが、防水スプレーって使ってます?
特にスエードを中心にした革物や、ナイロンブルゾンにかけておくと撥水してくれるあのスプレーです。

筆者がスノーボードを頻繁にやってた頃は、GORE-TEXと言えど、それなりに撥水力が低下してくるので使っていましたが、最近はめっきり使うことがなくなりました。

ところが、奥さんがハンズの街頭セールで買ってきた、このアクアダンスを使ってみると、、、衝撃!!!

こんなに水って弾くもんなんですね。

恐るべし撥水力!アクアダンス!


まずは最近新調したUGG。メンズはこちらが安いですよ、、、

このUGG。ビーチシューズのくせに見ての通り水に弱い。
特にドライビングシューズのような形をしているので、雨の日の後に歩いたりすると、ヒールの周りのスエードが水を吸ってしまったりして大変です。

まずスプレーしてみます。本当は before→afterが良いのですが、そこまでの勇気はなくw

 

このUGGにアクアダンスで撥水加工してから水をかけてみると、、、

なんということでしょう!!!

女子高生の肌のように水を弾くじゃありませんか!!!

これ、ウィメンズのブーツと合わせたら最強の気配。多少の雪なら無敵かも。

次に先日ロンハーマンで買ったこのポーチ。
アウトドアで使い倒してやろうと思っております。

これにも、、、※色々使ったので、途中でなくなります。

なんということでしょう!!!(ry

革やダウン系のナイロンなど、デリケートな素材でも変色しませんし、とてもいい。折りたたみ傘に振っておくと水切りがスムーズで、電車の中やカバンの中がドボドボになるようなこともありません。

とまぁ全面的に信頼していますが、こういうものはそのうち効果もなくなってくるので、その都度振り直してはまた撥水を試す。というのが楽しいですよね。

ということで、アクアダンスはマストバイです、という話でした。

おしまい。

面白ければ↓からシェアをお願いします!!!