アラフォーと東京 その2

東京のワークスタイルってなんだ?


前回からの続き。

これは筆者がそういう業界にいるからかもわかりませんが、「東京らしいワークスタイル」ってすごくバイアスのかかったイメージだと思っています。

地方に比べ、東京が「独自」に備える会社の特徴として、大きく2パターンが存在すると思います。

①世界中、日本中に支社、営業所、工場を持つ大企業の本社
②東京だけで完結するメディア、IT、クリエイティブ系

で、大企業の方って、情報があまり流通していない。
なぜかというと、発信するメディア側からすると数字が取れないし、ニーズがないからだと思います。
B2Cのメーカー、特に飲料や家電、消費財なんかは比較的見ることがありますが、○○商事とか、××銀行の情報って、業界関係者しか必要がないんだろうと思いますが、その辺は憶測です。

また、①の企業の仕事って、案件のサイズがデカすぎるんですね。だからPJTの発案からローンチ、成果までに何年もかかったりします。意思決定者もすごくたくさんいる。だから相対的に②よりも遅く「感じて」しまうし、俗人感があまりないんですね。

一方で②の方はそれを主とするビジネスですから、情報の流通量がとにかく多いし、スピードも速い。SNSでビジネスが成立したり、20代で上場する社長が出てきたり夢のような話もたくさんあります。クリエイティブの世界も同様です。

僕はあまり投資の世界に詳しくはないのですが、なんらかの原資をリスクを加味しながら投資して原資と利潤を回収するという原則で成立している以上、ビジネスも投資の世界と同じ話だと思うのですが、②はデイトレーダーのそれに近く、故にエポックメイキングなのでニュースになりやすく、それが投資のイメージになってしまっている、というのに近いかなと思っています。

そして、情報の取得手段が新聞やテレビからネットに移るに連れて、そのメディアで流通量が多い②のような業種の情報が累乗になってエンドユーザーに届くようになり、イメージされる東京のワークスタイルが②の方にバイアスがかかって寄ってきている、というのが今の現状ではないでしょうか?

東京ワークスタイルの実態


イメージされる東京のワークスタイルがメディア、IT、クリエイティブ系であるとするならば、その現場の実態はどういったものでしょうか。

新しい会社がどんどん出てくる、新しいサービスが日々生まれる、ということは素晴らしいことです。しかし、それは同時に既存サービスが陳腐化し、リプレイスされやすいということとも言えます。

ことビジネスパーソンの今後のキャリアということを考えると、世界的なこの潮流は変えられないわけですから、この速さに慣れないといけないというのは全くの同感であり、べき論と感情論は異なりますが、年齢を重ねることによる肉体的な衰え、良い意味でも悪い意味でも経験がもたらすためらい、家族ができることによる自分以外への興味により、急激にこの流れがキツくなってきたりします。

たまにFacebookなんかで同級生とかが地元で大きくなった子供2人と一戸建てで幸せそうにしているのを見て「むむむ、、、」と思ったことがある人は多いのではないでしょうか?
20代の頃は「俺はこいつらと違って華やかな世界に出てきたんだ!」なんて思ってたくせにね笑

このタイミングがアラフォーであり、東京に疲れ始めるタイミングなのではないかと個人的には思っています。

流れが速く、参入障壁が低い②の仕事において、企業では常に、孫正義氏や堀江貴文氏などに触発されたタチの悪い自称チェンジ・リーダーたちによって「スピード!スピード!スピード!」「スケール!スケール!スケール!」「改善!改善!改善!」と声高に叫ばれます。

そして労働基準法をぎりぎりグレーでクリアしながら(たまにアウト)、部屋に帰って寝るだけの生活を続け、空いた時間で大量のお酒を消費し、刹那な恋愛を続けるという。自分の生活はなかなか改善されないんですね笑。

チャレンジすることが「美」であるということは否定しませんが、チャレンジしないことが「悪」であるというのはちょっと違うと思うのですが、そういう風潮があるようにも思えます。

いずれにしても、東京というカリフォルニアにゴールドラッシュを夢見た馴れ果ては一部の強烈な勝者と多くの敗者や諦念者を生み出します。

筆者は運が良く、強烈な勝者にはなれずとも、非常に良い環境で仕事をすることができるようになっています。
また、東京は本当に刺激的だし、業界はエンタメ、IT、メディアですから個人的にも大好きですが、この流れの速さは確かにちょっとキツいなとは思います。

20代で上京したころは、
・いい家に住みたい
・いい物を食べたい
・いい女を抱きたい
とまあ、ここまで極端だったかどうかは置いておいて、こうして日々仕事に取り組んでいくわけですが、こういう動機だとアラフォーになるとすべてどうでも良くなるので、その辺の感覚の乖離ですかね。

与○翼さんとかはちょっと特殊かなと思いますが、身の回りの強烈な勝者の人たちは本気で世界や市場を変えようとしていますので、そういった人がこの流れの速い東京でもずっとやっていけるんだろうなと思います。

ずいぶん極端に書きましたが、年を重ねると自分の向き・不向きもわかるようになっていくので、背伸びをしなくてもいいかなと思う人も増えてくるのではないでしょうか?

筆者は藤原ヒロシさんが大好きなのですが、DJを辞められ、ギター1本でひょいと身軽に色々な場所に参加されるようになったのを見て、なるほどなと思います。
まぁ彼はスーパーセレブであり、超勝者ですけども。

おしまい。

面白ければ下からシェアをお願いします!!!