湘南といえばヤンキー、暴走族なのは何故なのか?

筆者はもともとヤンキーが多い街で育っているのですが、ヤンキーが多くなるにはいくつかの地理的要件があるように思います。
詳しくは書きませんが、最終的には様々な要因に端を発するその時の教育水準ということになるのかなと思います。

しかし、湘南って住んでてもあまりそれ(教育水準)を感じないんですよね。
なんでヤンキーが多いことになっているのでしょうか?

実際に住んでみて、ヤンキーはいるのか?

なお、筆者はヤンキーではありませんでしたが、仲が良かった子もいたのでヤンキーは嫌いではないです。

結論、ヤンキーらしきのはいる


ただし、みんなバイクに乗ってるので、年齢不詳なんです。
たまーにブオォン!ブオォン!と爆音を立てて走りすぎていくバイク。
見ると風防付きの古いカワサキ。タンクはラメ入りの赤。シートは白のレザー。

あんなの30年ぶりくらいにみました。
調べると今は「旧車會」なるものがあって、若い子じゃなくて、昔暴走族でブイブイ言わしてた人たちが趣味で乗っているとのこと。
また、湘南には元ヤンで今はサーファーという方も結構いるとかいないとか。

地元の先輩のFBを拝見すると、確かにまだ乗ってる人はいるようなのですが、あんまり走っているのはみたことありません。

僕らの時代はもうだいぶヤンキー文化が廃れていたので、自分の同級生の元暴走族でもあんまりああいうのを乗ってる友達を見る機会がありませんでした。
※先日、じいさんの葬式に行ったらヤンキーの友達が親族になっててびっくりした。

ヤンキー文化の最盛期は80年代ですから、僕らよりも7〜10歳くらい上の世代が最盛期です。湘南爆走族とかが影響大きかったんですかね?

ヤンキー漫画といえば、特攻の拓


一方、筆者の世代は少年マガジン全盛期。ドラゴンボール亡き後の少年ジャンプを少年マガジンが発行部数で抜き去った世代です。

この時、少年マガジンにはたくさんヤンキー漫画が連載されていて、独特の言い回しや無茶苦茶な暴れっぷりをギャグ漫画のように愛読しておりました。

少年マガジン:湘南純愛組、カメレオン、特攻の拓
少年ジャンプ:ろくでなしBLUES
少年サンデー:今日から俺は!

などなど、その他にも青年誌等を合わせるとすごくたくさんヤンキー漫画があった時代です。

その中でも、いまだ愛読しており、ヤンキー漫画、というより暴走族漫画の頂点と筆者が思っているのが「疾風伝説 特攻の拓」です。これ、「かぜでんせつ ぶっこみのたく」と読みます。信じられないですが、本当の話。

この特攻の拓は本当に面白くて、テニスの王子様のような、非現実的な展開が楽しめるものとなっております。

例えば、17歳の少年(財閥の御曹司)がバス停を片手で振り回したり、

バス停を振り回す武丸クン

18歳の少年が片手で車をドリフトさせたり、

年齢的に初心者のはず、、、

JCが高校生を襲ってキン○マを鉄パイプでえぐり出そうとしたり。

生娘のはず、、、

この漫画は名言もたくさん出てきます。

出発(デッパツ)。おおおお

実は他の人の顔もおもしろい

不運(ハードラック)と踊(ダンス)っちまった ※18歳

タバコ、グラサン、車の3連コンボです

月が狂ってやがる ※17歳

やられている子の顔に注目

しかし、この子達、高級な自動車や単車のお金はどうしているんでしょうか?

彼らが毎年甲子園を熱くさせる球児たちと同い年だと思うと、different strokes for different folks。十人十色の十代があるのだなぁと思います。

江ノ島の先、弾丸ストレート


先日気づきましたが、筆者の家の近くは、
拓こと浅川拓クンが故人である天羽セロニアス時貞クンから譲り受けたルシファーズハンマーのSRで、元横浜(ハマ)の音速の四天王那森須王クンと元爆音小僧で現朧童幽霊(ロードスペクター)の榊龍也クンを抜き去った、江ノ島の先の弾丸ストレートに位置することがわかりました。

天羽セロニアス時貞クン(16歳)
那森須王クン(17歳)
江ノ島弾丸ストレート
結果は、、、!?

箱根駅伝で夢中になっていて気づきませんでしたが、
あの熱い戦いの舞台になった場所に住んでいると思うと、胸が熱くなります。

筆者は藤原伊織さん、大沢在昌さん、馳星周さん等のハードボイルド小説が大好きなのですが、彼らの本を読み、想像していた新宿大ガード下やゴールデン街、花園神社、中国大使館、麻布警察署、六本木交差点などに行くたびに、小説に思いを馳せ、「ここがあのストーリーの現場で、ここから犯人が出てきて、、、」などと思っていたわけですが、これからは散歩の度に天羽くんのSRを思い出さないといけません。

尚、筆者はかねてから特攻の拓のLINEスタンプを実現してもらいたいと思っております。なんとかなりませんかね、講談社さん。

ということで、湘南にヤンキーはいるのかというと、らしき人はいる。ということでした。

追伸:筆者が最も好きなヤンキー漫画はクローズです。

おしまい。

面白ければ下からシェアをお願いします!!!

JA湘南あさつゆ広場に行ってきた!

あさつゆ広場とは?


あさつゆ広場とは、JA湘南が運営する大型の農産物直売所です。
シンプルにいうとデカイ八百屋。

平塚市街から秦野の方に向かう途中、茅ヶ崎からだと大体車で40分くらいの場所にあります。

ここは茅ヶ崎の海辺の朝市などと違って毎日運営している店舗なので、早朝から行列を作って、、、ということはありませんが、かなり流行っていて結構台数あるはずの無料駐車場はいっぱい。近くの有料駐車場に停めました。

 

青空市ではなく、お店があります
店の中

 あさつゆ広場に売っているもの


あさつゆ広場に売っているものをざっくり分けると、野菜、花、肉、特産品・加工品、その他です。

まず圧倒的なのは野菜です。安いのと、とにかくフレッシュ!持った瞬間の重さが違います。ずっしり、、、!

湘南産野菜1
湘南産野菜2

我が家は最近、菜の花にはまっているので、菜の花を買いました。
その他には、白菜、にんじん、ほうれん草、白ねぎ、レンコン、いちご、きゅうりみかんを購入。

次に肉。肉はこのあと別のスーパーで揃えることに決めていたので、写真だけ。
実際に、この販売所で売っている肉の量はそれほど多くありません。やはり押し出しは野菜と花だと思います。

湘南産のお肉

花はホームセンターを安くしたような感じでしょうか。シクラメンが多かったイメージです。

特産品・加工品ですが、これはとても筆者好み。道の駅に売ってるようなものが売っています。我が家はぬか漬けと青唐辛子味噌と玉ねぎの漬物を買いました。

青唐辛子味噌

よくおにぎりに入っているやつですね笑

玉ねぎの漬物

これ、絶品でした。これだけでも買いにいく価値ある。

特産品は他にもこんなものが、、、
見にくいですけど、まぁ道の駅系です。

特産品

そして、店の外にはソフトクリームと焼き芋が売っているのですが、焼き芋が焼けるころには、、、

焼き芋行列

マジすか、、、。焼き芋の並ぶってすごいな、、、。(いろんな意味で。

この芋には並ばなかったけども、東京都内よりもこっちの方が並ぶようなイベントが多い。実際は都内の方が圧倒的に多いのだけども、地方で並ぶようなことはないだろうと思っていたので、相対的に多く感じる、ということだと思う。
こっちだとご飯屋さんにまず並ばないしね。

ソフトクリームも変わった味があって、ネギ味とかある。
ネギ味には手を出しませんでしたが、ソフトクリームは美味しかった。

余談ですが、都内でも「〜マルシェ」とか、青空市場って結構あると思うんですが、僕どうしてもあれが苦手でした。
なんか、売ってる人が謎(ごめんなさい。でもなんかすごく謎。農家の人に見えない)だなってずっと思ってたし、フレッシュな野菜とかよりも、ジャムとかワインとかピクルスとかそんなのばっかりだったから、こういう直売所のような「流通を中抜きしたことによるメリット」みたいなものを全然感じなかったんですね。

だから、湘南に引っ越してきて、こういう直売所にたくさん行けてとても楽しくなりました。

湘南野菜を食べて、地産地消しましょう!

あさつゆ広場の詳細はこちらから。

面白ければ下からシェアをお願いします!!!

湘南散歩日記1.29

湘南散歩日記1.29


今日は茅ヶ崎に来てから海を見に行った中では、一番波が大きく、
サーファーの皆様がこのポイントに集まっていました。
暖かくて、富士山もよく見えたので、サーフィンをする以外に散歩に来ていた人もたくさんいました。

普段は素人目に見ても決して大きいとは言えない場所ですが、
今日はすごく大きな波が多く、いつもよりあきらかに上手気な人がたくさん海に入っていました。

しかし、こういう情報は本当にいろんな友達間でやりとりしているんでしょうね。とにかく今日は一極集中って感じでした。

もう少し暖かくなれば、管理人もチャレンジしてみようと思います。

面白ければ下からシェアをお願いします!!!

水が怖いウチの犬。

海までの散歩は最高です


湘南に来てからというもの、週末は必ず近くの海まで散歩に行きます。

湘南の海は真冬でも全国的な大寒波じゃない限りとても暖かくて、サーファーやランナーだけじゃなく、家族連れや一人でボーッと海を眺めているおじさんまで、たくさんの人を惹きつけます。

真冬の海で、、、

なんと、この1月の真冬の空の下、ピクニックをされていました。
この日は本当に暖かく、Tシャツでお子様と遊んでいるお父さんもいました。

サーフィン終わりでしょうか、、、

すごく、湘南チックというか、ビッグウェンズデーのような写真w

海から遠い時は元気

ミニピンのタケヲも海から離れているときは元気で、テンションも高いです。
それにしても湘南は本当に犬が多い。
茅ヶ崎東海岸あたりは散歩時間になるとワラワラと道から犬が出てきます。

たまにはこんな深海魚だか、サメだかよくわからない魚が打ち上げられていたり、、、

珍しい、、、

うちのタケヲは水が嫌いで、普段のお風呂も苦手です。
余談ですが、ペットシャンプーに預けて洗ってもらった後に自宅に帰ってきたら、ストレスからか戻してしまうことも。

強引に海に連れていこうとすると、こうなります。

相当イヤなようです笑

いつか一緒に海に入れる日が来るんでしょうか?

面白ければ下からシェアをお願いします!!!

茅ヶ崎 海辺の朝市で大量の野菜を買い込んだ!

海辺の朝市とは


茅ヶ崎市には「海辺の朝市」なるものが存在します。

見るからに新鮮な魚介でも売っていそうな、ちょっとしらすでも買っていこうかな的な字面ですが、実はこの朝市、農家の方がいらして新鮮な野菜やお花を販売される地産地消の簡易マーケットです。

新鮮で安いだけでなく、スーパーではなかなか買えない珍しい野菜や、行列のできるミニトマトなど、見に行くだけでも楽しい!
絶対に買ってしまうと思いますが。

開催日時:毎週土曜8:00〜9:00
開催場:茅ヶ崎公園野球場東側駐車場付近

1/28は年に一回の「あったかふれあいデー」


あったかふれあいデーとはなんぞや、、、?

行ってみて要約すると、いつもと違うのは、

・えぼしわかめの先行販売
・地域の飲食店の出店
・偉い人の挨拶

という感じでした。我が家はわかめ目当てに朝から参戦!

海辺の朝市参加の心得


偉そうに書いていますが、2回目です。
ただ、2回でも色々学びがあったので、書いておこうかな。
慣れればきっともっと新しい気づきがあると思いますので、どんどんアップデートしていきます。

  • 寒さ対策重要
    朝が早いので、冬はとにかく寒い。普段は都内よりも暖かい茅ヶ崎ですが、この時間だとやっぱり寒い。しかも日陰で20分〜30分並ばないといけないので、ものすごく冷えます。
    ダウン+カイロ、暖かいパンツ+靴が必須です。うちは水筒に暖かい飲み物を入れていきます。ここ茅ヶ崎にいると、UGGのブーツを履いている奥様を本当にたくさんみます。この朝市にもたくさん。おばあさんと言って良いお年の女性もUGG。これはすごいと思いました。UGG、一回履くまでは懐疑的でしたが、日常使いの靴としては最高に重宝しています。長い時間歩くとしんどいけれど、散歩やコンビニ、スーパーにはこれで十分。それでいてファッション的にも可愛いので、1足持っておくのはオススメです。僕はメンズブーツが苦手なので、モカシンを履いています。今日は裸足にVANSのパパがいらっしゃいましたが、寒くないのでしょうか、、、?UGGはフィットがそれほどタイトじゃないので、僕はネットで安いものを買っています。

    男性でも気軽に履けるモカシン

    女性にオススメのブーツ

 

  • 小銭必須
    茅ヶ崎は普段駅を使っていると、びっくりするぐらいSuica網が発達(タクシー以外)していて、小銭を使う機会があんまりなかったりするのですが、こういう朝市ではチェーマン(1万円)はもちろんのこと、チェーセン(千円)でもお店の人や後ろの人に迷惑がかかるケースが。
    1万円も買わないと思うので、千円札と一定の小銭を持っていくといいと思います。

 

  • 買い物カゴ、ショッピングバッグ
    お店ではそれぞれビニール袋を用意されていますが、皆さん可愛い籐のカゴやショッピングバッグをお持ちです。
    なくても大丈夫ですが、行ってみて思うのは、「スーパーとは体験がちょっと違う」んですね。
    昔の八百屋というか、こちらが欲しいものを買いにいくというよりは、どういうものが美味しそうかな、という。PULLじゃなくてPUSH。
    そういうストーリーの中に、ビニール袋ってなんか味気ないんだろうなと思います。それくらい素敵な場所ですね。

 

  • 並ぶよ笑
    この早朝にびっくりするのですが、人気店は大体40分くらい前から列が出来始めます。なので、8時ギリギリに着いた場合、人気店で買い物ができるのは8時半くらいですかね。
    何かしら残っているものはありますが、売り切れているものも。
    今日も7時40分くらいに並んだ人気店では僕らの随分前にじゃがいもがなくなりました。※オープン8時、じゃがいものがなくなってたのは10分後くらい。

海辺の朝市レポート


では、本日の海辺の市場の様子。
寒そうな感じは伝わりますでしょうか?

まだ8時前。ゆっくりと準備中。

我が家のお目当て。えぼしわかめ先行販売。
これはうちの奥さんが並んだのですが、ミニトマトと人気農園の方が並んでましたね。

ローカルテレビもわかめみに来てた。

 

この市場でいつも行列を二分しているミニトマト。
前回買いましたが、確かに食べたことがない美味しさでした。

30分待ちくらい

もう一つ、行列を二分している伊右衛門農園さん。
ここはとにかく野菜の種類が豊富です。

並び中。日陰で寒い。。。

こうやってベルトコンベアー的に流れて買い物をしていきます。
このお店はオペレーションがすごい。

みんなガンガン買ってます。
もちろん値段も安い。

行列も、時間が経てば他の店に移動していき、どの店も繁盛しています。
中にはお漬物やお花の鉢を売っているお店もあり、それぞれ個性があります。全部で10店舗くらいかな。

今日は年に一回のふれあいデーだったので、少しだけ出店が出てました。

出店にも並んでます

僕は好物の沖縄そばをいただきました。

見た目は、、、「ど、どん○衛?」

なぜ野菜が、、、

でも、味は出汁が効いていて美味しかったです。
これで350円ですが、、、!

本日の戦利品


我が家は明日、ゲストが来るので多めに買い込みました!

野菜(1500円)
・カリフラワー
・カブ
・ルッコラ×3
・芽キャベツ×2
・ロマネスコ
・赤い大根
・白ネギ

えぼしわかめ(1000円)
・生わかめ
・生めかぶ

聖護院かぶらのお漬物(200円)

ミモザ(300円)

美味しくいただく時間(プライスレス)

ロマネスクどうやって食べよう、、、

ということで、また行きたいと思います!

面白ければ下からシェアをお願いします!!!