大人のバーベキューにオススメ。簡単&激ウマスペアリブ

今日はいい天気で暖かかったので、新しく買ったテントの試し張りするために、日帰りキャンプに行って、簡単にバーベキューをして来ました。

前日から漬け込んだスペアリブがとても簡単で美味しかったので、紹介したいと思います。

簡単&激ウマスペアリブ


学生時代ならともかく、大人のバーベキューはカルビを大量に買って焼くだけ、というわけにはいきません。そんなに食べれないので。

また、ずっとタレ&塩こしょうの味って飽きてしまうので、何を持っていくかというのはセンスの問われる重要な戦い!

ここでは、絶賛間違いなしの超簡単、激ウマのスペアリブを紹介します。
スペアリブってすごい大変な材料を使うケースが多くて、結構断念しがちなのですが、これは簡単だし材料も少ないので、是非作ってみてください!

レシピはこちら

これ、レシピというほど大層なものではなく、

・ナンプラー50ml
・オレンジジュース50ml
・すりおろしニンニク1カケ
・粗挽き黒胡椒少々

これにスペアリブを一晩つけておいて、あとは焼くだけです!

こうして、ジップロック的な袋に材料とスペアリブを入れて一晩漬けます。

一晩浸けるとこんな感じ。なんだか熟れている感じがします。

さて、焼きます。
久々にバーベキューをしたので、すっかり着火剤とか忘れてしまっていたのですが、キャンプ場の方曰く、「ここは松葉が多いので、松葉で着火できますよ」とのこと。

やってみると、確かに簡単!煤が出ますが、、、

炭に火が着いたらスペアリブを焼きます。

ついでに焼き鳥も。

これは焼き鳥用のイビサ島で買った塩。
いかがわしい粉ではありません。

そして、お見事!綺麗に焼きあがりました。

これ、めちゃくちゃ美味いです。
こんなに簡単で、こんなに美味しくていいのか!

次からは簡単に嚙み切れるように、肉に切れ目を入れておこうと思いました。

茅ヶ崎柳島キャンプ場


本日行ったのは茅ヶ崎の柳島キャンプ場

家から車で5分くらいの場所です。

アクセスが良いので、土曜はもうすでに8月末まで満杯だそう。日曜のデイキャンプはまだあるそうなので、興味のある方は是非。

キャンプ場から直結した道からすぐで海に出られます。この時間はちょっと曇っていたのが残念。

こちらで、先日購入したスノーピークのアメニティドームを試しに設営。

うーむ。いい感じです。今日はペグまで打ってませんが。

このテント、キャンプ関係の仕事をしている人から、初心者向けにイチオシと言われて購入しました。設営が超簡単で、これは確かにいい。

プロ曰く、初心者にはこれかコールマンのこちらがオススメとのこと。

今年はこいつでたくさんキャンプに行こうと思います。

ということで、少し話が逸れましたが、バーベキューに持って行くと絶賛間違いないしの簡単スペアリブの話でした。

面白ければ↓からシェアをお願いします!

汗が吹き出る辛さ!天狗のピリカレー(スナック)

天狗製菓という会社のピリカレーというスナックをご存知でしょうか?

筆者は知らなくて、たまたまローソンで「当店人気No.1」というポップを見かけ、
さらにそのクラシックな出で立ちに興味をそそられ購入しました。

結果、これがスマッシュヒットだったのでご紹介します。

見かけはこんな感じ。

なんというのか、大人を惹きつけるパッケージです。
本格派カレースナック!!

かっぱえびせんを思わせるフォルム。
機械は一緒なんじゃないでしょうか。

では、食べてみましょう。

最初は、、、おっ!辛いな!(;´∀`)

徐々に、、、辛え!!!!!:(;゙゚’ω゚’):

しばらくすると、、、(:.;゚;Д;゚;.:)ハァハァ

もうこの辺では顔から汗が出てきます。スパイスがすごい。
この分量、一袋の1/4〜1/3くらいなのですが、追加にいかなかったw
暴君ハバネロよりも辛いと思う。。。

でもこれ、すっごい美味しい!!!

これは辛いもの好きな方には最高なのではないでしょうか!
あと、ホームパーティーとかで出しても絶対盛り上がる!

ちなみに、これ調べてもどこに売ってるか不明(ダイソーとかにもあることがあるらしい)ので、確実に手に入れるためにはAmazonで買ってみてください。

そしてなんと!さらに「激辛」というのがあるそうです。
辛さに強い人は是非チャレンジしてもらってはどうでしょうか!?

筆者もチャレンジしてみたいと思います!

面白ければ↓からシェアをお願いします!

ポテトサラダの記事がはてぶ新着に載ってたくさんの人に読んでもらえました。
ありがとうございました。

 

【料理男子中級!】割烹風じゃこピーマン

ポテトサラダに続いて、もう一つ大人のおつまみを紹介します。
このレシピは超簡単なのですが、中級にしたのは山椒の実がいるからです。
普通こんなの家に置いてないと思うのですが、大丈夫です。このレシピが美味しくて3回くらい作ったらもう使いきってしまえます。

ごはんが進むじゃこピーマン

筆者はご飯というより、おつまみとして最高だと思います。
これもポテトサラダ同様、週末に一気に作って、ちみちみと小皿に出して食べるのがいい感じ。

簡単なので男性が作って、平日にこれを食べてビールを飲みながらご飯ができるのを待つ、というのも悪くない。奥様のご負担も減るのではないでしょうか?

山椒で大人味のじゃこピーマン


さて、こちら本当に簡単です。
レシピの分量はリンクからどうぞ。

まずはピーマンの種とワタを取って、縦に5mm幅に切ったものをごま油で炒めます。ここはさっと1-2分のイメージ。炒めすぎるとピーマンの綺麗な緑色が出てきません。

つぎにじゃこと山椒を入れて軽く混ぜる。

お酒、薄口しょうゆ、みりんで味を調えます。

薄口しょうゆにするとより割烹っぽいお味と見かけになって良いと思いますが、普通の醤油でもできます。

最後は保存容器に入れて粗熱を取ります。

これでピーマン5つ分くらいでしょうか。
あまり量を食べる類のおかずではないので、何日かに分けて召し上がってください!

山椒の実がなんとも言えない大人の味に仕上げてくれます。
筆者がすごく好きなピーマンの食べ方の一つです。

是非作ってみてください。

面白かったら↓からシェアをお願いします!

 

 

【料理男子中級!】大人のジェノベーゼポテトサラダ

ポテトサラダは休日に作ろう


居酒屋でも人気メニューのポテトサラダ。
プレーンなタイプもいいですが。今日はちょっと大人のおつまみ風ポテトサラダを紹介します。

筆者はポテトサラダは休日に作るべきだと思っています。
なぜかというと、

・イモを茹でて、粗熱を取っている時間が結構かかる
・2日目以降の方が美味しい
・大量に作った方が楽

だからです。

そんな中で、毎日でも小皿に出てきて、ちょっとつきだし風に食べると最高に美味しいポテトサラダを紹介します。

中級としたのは、材料がこれ目的で買わないといけないというのと、フードプロセッサーが必要という点です。

それなりに料理環境が整っている方にオススメ。自宅ではなかなか味わえない、イケてるバルのような美味しいポテトサラダを作ることができます!!!

たらことジェノベーゼのポテトサラダ


レシピはいつもの通り、こちらです。
材料はともかく、これはフードプロセッサーが絶対に必要です。

我が家はこれを使っています。値段もお買い得だし、これがあるとみじん切りとかも超楽。

まず、ジャガイモを茹でます。
※筆者は上に書いたように、ポテサラは一気に多めに作るので2倍くらいの量で作っています。

大体25分くらい茹でで、皮を剥きます。
筆者はいつもポテサラでイモを茹でると、大体皮むきが熱すぎて苦戦するので、氷水をボウルに張って、そこに5秒くらい手をつけて冷やしてから皮を剥きます。

この手法、どこかで勉強したわけではなく、完全オリジナルなのですが、めちゃくちゃ捗るのでぜひやってみてください。

そして、皮を向いたジャガイモをボウルに入れて、、、

木べらでつぶします。
一応我が家にはポテトマッシャーもあるのですが、マッシャーだと潰れすぎてしまうので、おつまみ風の今回は木べらで粗めにつぶします。

次にジェノベーゼソースですが、必要分量を入れてフードプロセッサーに、、、となりますが、レシピ通りだと少なすぎてフードプロセッサーが上手く回りません。
なので、ここでも倍作る意味が出てきます。

そして、マヨネーズとたらこと混ぜます。

ここで注意!!!

混ぜる時はソースはソースの材料だけで混ぜましょう。
これを洗うのが面倒くさいからといって、イモと一緒のボウルで混ぜてしまうと均等に混ざらなくって、味にムラができてしまいます。

こうして、ソースだけ作ります。

これをイモとあらかじめみじん切りしておいた玉ねぎと混ぜます。
玉ねぎは必ず水にさらしておきましょう。味が強すぎてしまうので。

これを適当に混ぜるとこうなります。

最後は食べる量よりも少し少なめに盛るといい感じに!

バジルの爽やかな香りとたらこの塩味とコクでおつまみにバッチリのポテトサラダの、、、

完成です!!!(チューボーですよ)

翌日以降も美味しくいただけるので、ぜひ休日の料理男子につくっていただきたい一品をご紹介しました!

次はじゃこピーマンを紹介します!

面白ければ↓よりシェアをお願いします!

話題のラーメン店魁力屋に行ってきた

最近、ラーメン好きの友人のSNS等でチラホラ見かけるようになってきた魁力屋。
見かけからして関西のある系譜のラーメンなのですが、たまたま行く機会があったので、書いてみたいと思います。

結構並んでいました。

ますたに・来来亭・魁力屋


まず、この手のラーメンを語る上で絶対に外せないのが、京都背脂系の源流といわれる「ますたに」。

東京は日本橋でも食べることができまして、昼時はいつも行列ですが、少し時間をずらせばスムーズにいただけます。「日本橋ますたに

そして、魁力屋のラーメンを見た瞬間にもう一つ思い浮かぶのが、滋賀県野洲市から始まり、今や京滋の国道沿いを席巻するラーメンチェーン、「来来亭」。筆者は大好きで、最近では関東でも食べられる場所ができて非常に嬉しいです。

魁力屋の九条ネギラーメンはこの来来亭の初期の看板メニュー、ネギラーメンに酷似。

また、魁力屋の雰囲気がとにかく来来亭に似ている。
・鶏ガラベースの醤油スープに背脂
・煮豚に近い薄切りの京都系チャーシュー
・ネギ無制限
・急速拡大のチェーンシステム
・ラーメン以外のメニューが店舗に委任されている
・相田みつをテイストフォントによる異常なまでの客への感謝

味だけならまだしも、下の3つが完全に来来亭で、そりゃ関係あるんだろうなと思っていたら、どうやらあるようです。※信憑性がよくわかりませんのでソースは貼りません。

いずれにしても、ますたに、来来亭、魁力屋の関係はマニアにはわりと有名な話のようです。

では味はどうでしょうか。

ますたに > 来来亭 >>> 魁力屋


これは完全に個人的な好みだと思ってください。
ますたにと来来亭は甲乙つけがたいのですが、来来亭はなにせ店舗数が多いので、味がぶれることがあります。その点だけが、、、

で、魁力屋の味は、来来亭をもう少しジャンクにした感じの味でした。
あと、麺は明確にますたに、来来亭の方が美味しかったと思う。

二郎や家系が流行る関東では魁力屋の味の方が受け入れられやすいのかもしれません。

いずれにしても、魁力屋に行ってみたいけど周りにない場合は来来亭かますたにに行って見れば近いお味は楽しめるのではないかと思います!

面白ければ↓からシェアをお願いします!