Rainbow Disco Clubという最高のフェス&キャンプ

筆者はすごく音楽が好きなのですが、フェスやクラブがすごく好きかと言われると、そうでもないです。
DJというキュレーターがかける色んな曲が知りたいし、それを目の前で見たいという欲求は強いですが、パーティピープル(通称:パリピ)と言われると、それは確実に違うだろうなと思います。ハイタッチとか苦手だし。

2016年は筆者の人生で多分もう2度とないだろうなというくらい、フェスやクラブに行きました。そもそもIbizaにクラブツアーしに行きましたしね。

ざっと挙げると、※( )内はお目当て

・Rainbow Disco Club 2016,Izu (Nightmares on wax)
・Pacha TOKYO, TOKYO (Martine Solveig, Basement Jaxx)
・Secret Box, TOKYO (Dimitri from Paris)
・Flower Power, Pacha, Ibiza
・Together, Amnesia, Ibiza (Claptone)
・Solomun Live ! , Ushuaia, Ibiza
・My House, Pacha, Ibiza (Martine Solveig)
・Cream,  Amnesia, Ibiza (Fatboyslim)
・Masters At Work, TOKYO, Ageha
・Lilith, TOKYO, WOMB (Solomun)
・TDMA closing party (Claptone)

まぁアラフォーとしては上出来なくらいたくさん行ったんですが、その中でも一番よかった体験がこのRainbow Disco Clubでした。それかPachaのFlower Power。
沖縄のCorona Sunsetに行けなかったのが唯一の悔やみ、、、

で、このRainbow Disco Clubは今年2017年もゴールデンウィークに開催されることが決まっていて、筆者は年末の時点ですでにチケットを買ってあるのですが、そろそろ行こうかなと思っている人もいるかもしれないので、Rainbow Disco Clubについて書こうと思います。

Rainbow Disco Clubとは?


そもそも、Rainbow Disco Clubとはなんぞやというと、簡単にいうと野外フェスです。ですが、Disco,Clubという以上、バンドが来て演奏するのではなく、演者はDJです。このワードで検索してこのブログにきている人には釈迦に説法なのですが。
余談ですが、筆者はバンドよりもDJの方が圧倒的に好きです。なぜかというと、ある特定のバンド、ミュージシャンのファンということが全くないし、同じミュージシャンの曲ばっかりだと飽きちゃうし、発見があまりない。
とはいえ、好きなバンドやミュージシャンは山ほどいますので、そういうアーティトの曲をかけてくれるDJの方が好きです。

では、Rainbow Disco Clubですが、百聞は一見に如かずということで、YouTubeに公開されている動画をご覧ください。

BGMはあのLarry Levanのプレイで有名な日本語ガラージクラシック、島田奈美さんのSunshowerをRemixした寺田創一さんと森高千里さんの曲、Hyamikaoです。
筆者はSunshower大好きで、音源すごく探しました。

 さて、このRainbow Disco Club、野外フェスなのですが、要はDJイベント+キャンプです。

これがどちらの側面でもすごくいいので、それぞれご紹介したいと思います。

DJイベントとしてのRainbow Disco Club


DJイベントですから、当然どういう音が流れるのでしょうか。
昨今、EDM ( Electronic Dance Music )が流行っていて、UltraとかEDCのような5万人以上の大規模フェスが開催されています。

その中でも中心はBig Room Houseというジャンルなのですが、残念ながら、Rainbow Disco Clubではこういうのは流れません。

※2016 Ibiza DJ AwardsのBig room house部門受賞のHardwell


ちなみに筆者は苦手です。

では、Rainbow Disco Clubではどういう曲が流れるかというと、所謂アンダーグラウンドのハウス、テクノ、エレクトロと言われるものです。

一般的な言葉で一言でいうと、「マニアック」です。
こういうととっつきにくいのですが、あまり音楽に詳しくない人はマニアックな方が逆に良いこともあります。
なぜなら、「みんな知らない」からw
この辺のイベントに来るDJの人がかける曲なんて、それなりに詳しい人でも7-8割は知りません。筆者も高頻度でShazamしてます。

ある曲で強制的にジャンプするようなこともないし、強引なシンガロングもない。お酒がなくなったら買いにいくし、トイレに行きたくなったらいく。すごい自由です。
日向ぼっこしてる場所に大きな音がなってるくらいのイメージです。

だから、Rainbow Disco Clubは音楽に詳しくなくても絶対に楽しめます。

尚、筆者は2016、どうしてもこの人が見たくて行きました。
Ibizaで見たかったのですが、どうしてもスケジュールが合いそうになかったところ、何と伊豆に来るというではないですかw

このNightmares On Waxのセットリストは筆者の音楽観を変えてくれたくらいの好きなリストなのですが、先ほどのHardwellとの違いはお分かりいただけるでしょうか?

好き嫌いはそれぞれだと思いますが、一言でDJといってもかなり違いがあることはご理解いただけるかと思います。

これは現場でのNightmares On Waxです。曲はMarvin Gayeですね。

この日は曇りだったのですが、晴れるとこんな感じ。

どうですか。このユルさ。
筆者もこの時間はずっと日焼けしてました。
去年はPrinceがなくなったので、ほどんどのDJがセットに1曲はPrinceを入れていました。今年はきっとDavid Bowieが入るんだと思います。

ということで、まず、Rainbow Disco Clubは音楽的に敷居が高いように見えて、実は超低い、ということを書きました。

つづく