100人中100人が美味い!というとん平焼きの作り方

とん平焼き(とんぺい焼き)とは


とん平焼きというのをご存知でしょうか?

大人の人なら結構ご存知だと思うのですが、鉄板焼き屋などに行くと出てくる、
キャベツと豚バラと卵を焼いてソースで食べるアレです。

wikiによると、

とん平焼き・豚平焼(とんぺいやき)は、鉄板焼きの一種。関西のお好み焼き屋・居酒屋などに多い。発祥は、戦時中にロシアの捕虜になった『本とん平』(大阪市北区)の店主が、現地の兵隊が食べていたものを参考にして出したもの。
とん平焼の語源は豚を平たく焼いたものから。色々と種類があり具材や細かな作り方も異なるが、代表的なものは卵と豚のバラ肉で作ったもので、生地を小判型に広げ、上に肉、ソースをのせてひっくり返し、肉を焼いたあと溶き卵を混ぜ合わせソース・あおのり・鰹節をかける。
他に千切りキャベツやネギを混ぜ合わせたものや、オムレツに似ているものもある。

とありまして、確かに、お店によってレシピどころか見かけが結構違います。

もともとローカルフードな上に、すごく簡単なので、作り方がどんどんアレンジされていった感じなのでしょう。

このとん平焼きですが、マジで激ウマ、100人中100人が美味い!という(自信がある)作り方があるので紹介したいと思います。

激ウマとん平焼きの作り方


レシピはこちら。豚バラ、キャベツ、卵、揚げ玉があれば作れます。

まず、豚バラを薄く白くなるまで炒めます。
レシピでは4-5cm幅ですが、ウチは1cm幅にするのが好きです。

そして5mmから10mmくらいのキャベツを合わせて炒めます。

ある程度炒めたら、塩とコショウを振ります。
ここで一回味見をしてもらって、ちょい薄いかな、、、くらいがちょうどいいです。

一旦、豚バラとキャベツを避けます。

そして、卵をフライパンに投入。
大体、85%くらい火が入ったら、火を止める。これがポイント。

これ、ゆるすぎると、あとで面倒くさいのでこれくらい。
火を止めるのが重要。

そしてここで揚げ玉投入。

さらにさっきの豚バラとキャベツを上に乗せる。
この間はずっと火を止めて、余熱で調理。

そしてうまく寄せて、、、

ここからは動画をどうぞ。こちら

そして、紅生姜を添えて、、、

完成です!!!

これ、めちゃくちゃ簡単だし、マジで超美味いので是非作って見てください!

面白ければ↓からシェアをお願いします!

 

汗が吹き出る辛さ!天狗のピリカレー(スナック)

天狗製菓という会社のピリカレーというスナックをご存知でしょうか?

筆者は知らなくて、たまたまローソンで「当店人気No.1」というポップを見かけ、
さらにそのクラシックな出で立ちに興味をそそられ購入しました。

結果、これがスマッシュヒットだったのでご紹介します。

見かけはこんな感じ。

なんというのか、大人を惹きつけるパッケージです。
本格派カレースナック!!

かっぱえびせんを思わせるフォルム。
機械は一緒なんじゃないでしょうか。

では、食べてみましょう。

最初は、、、おっ!辛いな!(;´∀`)

徐々に、、、辛え!!!!!:(;゙゚’ω゚’):

しばらくすると、、、(:.;゚;Д;゚;.:)ハァハァ

もうこの辺では顔から汗が出てきます。スパイスがすごい。
この分量、一袋の1/4〜1/3くらいなのですが、追加にいかなかったw
暴君ハバネロよりも辛いと思う。。。

でもこれ、すっごい美味しい!!!

これは辛いもの好きな方には最高なのではないでしょうか!
あと、ホームパーティーとかで出しても絶対盛り上がる!

ちなみに、これ調べてもどこに売ってるか不明(ダイソーとかにもあることがあるらしい)ので、確実に手に入れるためにはAmazonで買ってみてください。

そしてなんと!さらに「激辛」というのがあるそうです。
辛さに強い人は是非チャレンジしてもらってはどうでしょうか!?

筆者もチャレンジしてみたいと思います!

面白ければ↓からシェアをお願いします!

ポテトサラダの記事がはてぶ新着に載ってたくさんの人に読んでもらえました。
ありがとうございました。

 

たこ焼きが上手いこと作れへん

たこ焼きにチャレンジ


筆者な、関西人やねん。
東京に出てくるまで27年間、関西人やったねん。
せやけど、たこ焼きに関しては関東人レベルのリテラシーなくてな、自ら買うこともそんなに頻度は高こないし、作ったことなんかほとんどないねん。
銀だこもそないに行かへんし。

だいたい、関西人の家にはたこ焼き機が1個はあるとか言けど、ウソやろ?

筆者の家には、、、あったかもしれんけど、20数年で見たん1回くらいちゃう、、、

そんな筆者がホームパーティでたこ焼きしてみた。たこ焼いてみた。
筆者ひとりが焼いたわけちゃうけどな、、、
メンバーはサムイ関東人3名、関西人1名。おもろい筆者の責任は重い、、、

結果、、、

まぁまぁ!!!割といけんちゃう???

ソース味
出汁味

味もそんなに悪ない(気がする、、、
まぁ家でするたこ焼きってこんなもんちゃうん。

出汁味いうんは、筆者が大学の頃、京都の木屋町のBarでバイトをしてた頃に、よく差し入れしてもうたり、差し入れしたりしたワゴンで売ってたたこ焼きの味を再現。

(酒)飲んだ時はソースよりもこの出汁味がたまらん美味かったのよ。

ちなみに、明石焼きいうのは出汁で頂くんやけども、粉もんとちごて、卵焼きやから、それは別もん。

材料は生地以外では、タコ、紅しょうが、ねぎ。

本場、関西のたこ焼きはこう焼くんや、、、


で、終わったあとにたこ焼きの焼き方みてたら、こうや、、こう焼くねんな。。。

素人との違い

・まず生地はMAXまで入れる
・ひっくり返す時は2本で返す
・ひっくり返たらもう一回生地を流し込む

焼き加減とか色々あるやろうけど、この3つが全くちごた。感動した。

もう一個、お好み焼き(広島焼き)もすごいのあった。

これ、見とれる、、、。いつか食べてみたい、、、。

ちゅうことで、たこ焼きパーティー(通称:たこパ)をやるときは上の動画を参考に。

もっかい(もう一回)作ってみよ。

たこ焼き機はこれ。結構火力あった。

出汁はだし醤油を薄めて。

関西弁でお送りしましたが、テキストの関西弁って独特のキモさがあるので、mixiの日記みたいに読み返すとさぶい記事にならなくといいなと思います。

面白ければ下からシェアをお願いします!!!