沼津港深海水族館にワニグチツノザメなるものが!

ワニグチツノザメ!!!


沼津にある知る人ぞ知る、深海魚専門の水族館が珍しいワニグチツノザメという魚を捕獲したそうです。
この沼津港深海水族館、なんと世界で唯一の冷凍シーラカンスを展示しているそう!

これ、一体なんなのでしょうか!?!?
その後のツイートで「ワニグチツノザメ」という名前だと訂正されました。

ワニグチツノザメ(鰐口角鮫、英: Viper dogfish、学名: Trigonognathus kabeyai)はカラスザメ科に属するサメの一種。稀種。主に日本近海から得られており、日中は水深300mの深海に潜み、夜間には表層に浮上する。最大で54cm。体は円筒形で細く、三角形の大きな顎と針状の歯を持つ。2基の背鰭には1本ずつ棘があり、腹面を中心に無数の発光器を持つ。

餌は主に硬骨魚で、特殊化した大きな顎を突出させて捕える。無胎盤性の胎生である。IUCN保全状況について情報不足としている。
wikipediaより

今見られるのかな?と思っていたら、、、

お亡くなりになられたようです。。。アーメン。

沼津港深海水族館はときに珍しい深海魚を捕まえて、こうして一般公開にチャレンジしてくれます。
過去にはラブカやゴブリンシャークも。

というか、サイト見てると結構な頻度でラブカ捕まえてますね。

ラブカ(羅鱶、学名 Chlamydoselachus anguineus)は、カグラザメ目ラブカ科に属するサメの1種である。ラブカ科の現生種は2種のみ。外見からウナギザメ(鰻鮫)と呼ばれることもある。大西洋太平洋大陸斜面、水深500–1,000メートルの海底で生活するが、日本では駿河湾相模湾などで浅海に上がってくる。原始的なサメの特徴が見られることから生きている化石と呼ばれる。全長2メートルに達し、は体後部に集中する。鰓弁は大きくヒダ状になり、英名 frilled shark の由来ともなっている。

wikipediaより

そして2〜3日すればだいたい死んじゃうのか、、、

この水族館のツイッター、ちょっと狂ってて楽しいです。
誰得情報たくさん。

ここ、そんなに遠くないから、今度行ってみよう!

前のポストで書いた、この魚もいるのかしら?

こういうとこ、必ず海洋堂のフィギュアガチャガチャありますよね。
旭山動物園にも、江ノ島水族館にも、ダイオウイカ展示会にも全部あった。
あれ買ってしまうんですよね、、、

面白ければ下からシェアをお願いします!!!