アラフォーと東京

東京に疲れ始めた人たち


東京という場所は本当に凄いところで、田舎から出てきた筆者はそれはもうその凄さをよく分かっているつもりなのですが、最近、周りで東京のスピードに疲れ始めた人、戦いに敗れた人、別の大切なものを見つけた人が増えてきています。

筆者もそのうちの一人です。
東京に出てきて約10年が経ちました。僕は今でこそ大人であれば誰でも知っている会社に勤務していますが、元々は大学を4留し、たまたま拾ってもらった会社で異動を経験させてもらい、その後2回の転職を経て今の会社にいます。

プロパーの商社やメーカーの人はどうなのかわかりませんが、筆者のような根無し草が東京でそれなりの生活をしながら生き残っていくには、それなりにハードに働かないといけません。

東京って生活コストは異常に高い割に、給料って大阪や京都のような地方都市勤務とそんなに変わらないので、平均的な給料だとかなり苦しいのが実態です。
年収500万で家族を養おうとすると、勤務地から遠く離れた場所に住み、毎日ラッシュにまみれ、時には残業や休日出勤をしながら生活を守っていかなければいけません。

東京経済圏


GDPは東京都市圏と言われる東京・埼玉・千葉・神奈川を合わせてなんと200兆円。世界1位です。
一方で人口1人あたりGDPは世界119位。
つまり、GDPに対する人口が多すぎるといえます。※生産性が低いともいう。

ということは、当然所得はそれほど大きくならないわけですから、
東京はサラリーマン的弱者には非常に厳しい街です。

※ここでは超高収入帯のパレートの影響による平均値と中央値の議論は一旦しません。

東京が求めるスピード


東京は日本一敏感な都市です。日本の流行の最先端です。
世界的に見ても、金融・ファッション・食・ビジネスにおいてはトップクラスなのではないでしょうか。

故に、昨日の常識は今日には非常識になり、オシャレだといわれていたファッションはすぐに陳腐化し、美味しいと持てはやされた飲食店は食べログのおかげで大量に押しかける一見さんしか予約ができなくなった結果、廃業に追い込まれたりします。

筆者も思い返してみれば、東京に来て「常連化」した店はほとんどありません。
幸い、顔と名前を覚えてくれたお店はいくつかありましたが、それでも年に5回くらいしか行きませんでした。週5日は外食していてもです。

車の運転に例えてみます。
すごいスピードを出すと疲れますよね。あれって怖いだけじゃなくて、情報が多すぎるから疲れてしまうんです。ちなみに車高が高い車と低い車だと高い車の方が情報量が多いので、長時間運転すると疲れます。

つまり、スピードが速いということは、情報が多いし、疲れもする。ということです。

東京の生活コスト


まず、家賃がべらぼうに高いです。
港区は別格で、渋谷区、目黒区、新宿区、中央区はどれも一般サラリーマン家庭が住む場所じゃありません。
主要ターミナル(新宿、渋谷、東京)から電車で10分以内だとしても、2LDK60平米の築5年以内だと15万円/月ではちょっと厳しいのではないでしょうか。

転勤で東京に来られる方は家賃補助等が出ると思いますが、実態の価格差ほどは出ない印象です。
筆者の経験を書いてみますと、一人暮らしの場合、関西で4万、東京で5.5万でした。
もちろん、ないよりは良いのですが、関西、特に神戸あたりだと6万くらい出せば三ノ宮から電車で10分以内でそれなりに広くて綺麗なワンルームが借りられます。
東京ですと、これが10万になります。

神戸の場合:家賃6万ー補助4万=2万(実費)
東京の場合:家賃10万ー補助5.5万=4.5万(実費)

こういうことになります。それくらい東京の家賃は異常です。
※世界的(特にロンドンやLA)に比べるとそうでもないらしいですが。

次に、食費が高いです。
幸い、野菜なんかは地方都市とそれほど変わりませんし、ファーストフードやコンビニも同じ価格なのですが、とにかく外食代が高い。
筆者はほどほどゆるゆるサラリーマンなので、バカ高い店はそんなに頻繁には行けませんが、あらかじめ予定していた飲みだと最低1万円@人、ちょっと行こうかで最低0.7万円くらいが普通。2軒目、3軒目に行ってちょっと格好をつけて払って、その後タクシーで帰ったら財布の中の5万が数千円に、、、なんてことはざらにあります。
これ、神戸の時だと半分くらいでした。

しかも誘惑も多いし、東京まで来て家にこもっててどうするんだ的なヴァイブがお上りさんの中には蔓延しており、お金は溜まりません。特に男性。
そして地方よりずっと綺麗な女性達(水商売の方じゃなくて普通のOLさん)に搾取されて20代を過ごしたりするわけです。

話題はそれましたが、この辺の生活コストの差は年収100万くらいの差では全く埋まらないんですね。

つづく。

料理男子あるある。初心者編

立て!料理男子!


昨今、栗原心平さんの男子ごはんや速水もこみちさんのMoco’sキッチンなど、男性が料理をするテレビ番組の影響もあり、休みの日にご家庭で食事を振る舞うパパや、自宅パーティなどで友達や彼女とご飯を作るメンズも増えてきたのではないでしょうか?

筆者は料理に関係する仕事をしていることもあり、料理歴3年、1週間に10品は料理を作ります。1日3品としても3日とちょっと。1年で400品。これがどれくらいの頻度か大体分かってもらえるかと思います。
レシピを自分で考えられるほどではありませんが、世の中のアマチュア男子の中では料理偏差値60は超えていると思います。

そんな筆者が料理男子について思うことを書き綴り、料理男子を増やしていきたいなと思います。

誰かのために料理をするということ


筆者は料理歴3年と書きましたが、一人暮らしは長かったので、主に鍋とおつまみを中心に自炊は結構していました。しかし、料理といえるものを作るようになったのはここ3年くらい。同棲→結婚というライフステージの変化によるものです。

そこではっきり言っておくと、「料理」と「自炊」というのは別物だということです。
一汁三菜という言葉がありますが、一緒に食べる相手のことを考えて、献立を作るということと、とにかく「安くあげる」ために自炊をすることは別物です。
また、人にもよりますが、一人暮らしで一汁三菜を毎日作るととてもコストが高くつく上に、時間的なROIもあまり合いません。

ですから、今まで一人暮らしで「自炊」をしてきた、ということと「料理経験がある」ということはここでは別ものとして書きたいと思います。

実際、調査のためにいろんな女性にインタビューをしてみると、まぁ彼女たちも一人のときはいわゆるイメージ通りの料理をしていません。「サラダと目玉焼きとご飯だけ」とか、「うどんだけ」とか、男性の方が食べる量が多い分、まだ料理をしているくらいです笑
じゃあいつ作るのかというと、大体が家族のためとか、彼氏のためとか、友達のために作るとか。
そう、料理って誰かのために作るんですね。
※もちろん一人料理も否定しません!

その料理、喜ばれている?


さて、休日に「たまには料理でもして家族サービスをしようかな」と意気込むパパ。「彼女に料理を作っていいところを見せたい!」と思っているメンズ。

その料理は本当に喜ばれているでしょうか?
なぜこんなことをいうかというと、理由は2つです。

「気持ち」というスパイスのおかげで「美味しい!と言わざるをえない」


経験ありませんか?
彼女がはじめて作ってくれた生姜焼きやハンバーグを食べて、
「美味い!(あんま美味くねえな、、、大戸屋の方が美味ぇな、、、)」となったことは。
ホームパーティでお菓子ばっかり減っていくようなことは。

「どう?(どやっ!)」と出された料理に対してはなかなか「まずい!」と言いにくいものです。

というか、まずいわけではないけど、美味しいわけでもなかったりするんですよね。

たまに(はじめて)作る自己流の料理が美味しい可能性は低い


料理というのは今はどこでもネットでレシピが手に入りますから、そのまま作ればいいだけの話と思われがちですが、料理を本当に美味しく作ろうと思えば、材料以上に手順が大事です。

順番通りに炒める、落としぶたをする、野菜の面取りをする等、すごく基本的な手順を抜かすと、調味料の味付けは同じでも、いまいち美味しいものが出来上がりません。
あとなんでもかんでもレンジでチン!というのも、美味しくするのは難しい。
ビジネスと同じで、原理原則というものがあるんですね。

それを知らずに、初心者がいきなり分量だけ見て買い物をしてきて、いつも飲み屋やレストランのカウンターで見る風な手際で料理してしまうものだから、守破離でいう守からやらずに、離になってしまって、あんまり美味しくないんです。

筆者はこれをよく父親で経験しました。
パエリアとか、珍しいものを作りたがるので、子供心には嬉しいのですが、実は微妙という。。。

料理男子あるある 初心者編


まず、筆者も通った道であることをご理解いただきたい!

  • 相手が食べたいものではなく、自分が作りたいものを作りがち
    例えば、ローストビーフ、パエリア、豚の角煮、筑前煮等々、なんだかプラモデルを作るような感じでレシピを選ぶんですね。
    で、サイドメニューをあまり考えないから、ローストビーフとお刺身とかが食卓に並んじゃう。
    しかも作ることに満足するので、自分はあまり食べないのに、「どう?!美味しいでしょ?!」というのはタチが悪い。
    上司が連れて行ってくれたお気に入りのお店が微妙なときのリアクション、難しいですよね?あれと同じです。
    でも、ほとんどの男性は耳が痛いのじゃないでしょうか?

 

  • 家の料理環境を理解せずに始めがち
    どのサイズのプライパンがあるのか、オーブンは使えるのか、耐熱皿や圧力鍋はあるのか等、その器具でないと味や時間が変わってしまうものは結構あります。
    事前に作れるのかどうか、しっかり調査しましょう。
    圧力鍋の代わりに普通の鍋で角煮にチャレンジしたことがあるのは筆者(学生時代)だけではないはず、、、(可能ですが、時間がかかるのとペラペラの鍋では無理です)

 

  • なんでも買いがち
    1に書いたように、まるでプラモデルでも作るかのように、どんどんスパイスやらハーブやら醬やらを買い込み、2度と使えなくなって奥様に怒られたりします。
    最初は比較的使い回しのしやすい調味料で作れるものを作ってみましょう。

 

  • 時間かかりがち
    手順のことをあまり考えていないので、ほぼ間違いなく予定通りに完成しません。
    他の料理が冷めてしまったり、「パパ、ご飯まだ〜」なんて言われてしまったり。

 

  • 後片付け放置しがち
    料理とは、何を作るか決めるところから、後片付けまでです。
    揚げ物を大量に作ったり、お皿を放置しておくとどれくらい洗い物が大変か、キッチンをぐちゃぐちゃにしないためにはどうすればいいか、しっかり考えながらやりましょう。
    後片付けは奥様とか、論外ですよ!

では、そういうことにならないように、これからコツを書いていきたいと思います。

続く

面白ければ下からシェアをお願いします!!!

湘南に引っ越すときの取捨選択、部屋のスペックが格段に上がった話

東京都中央区時代の部屋


東京都中央区勝どきのタワマン時代。

タワーマンションって高いように思われますが、設備に比べて割安です。
ビジネス的に見れば当たり前で、いわゆるスケールメリットというのがめちゃくちゃ効いてるんですね。
その分、人がすげーいるとか、家出るのに時間がかかるとか、夜でもうるさいとかそういうデメリットも。

とりあえず、まず物件の基本スペックですが、

  • 東京都中央区(駅徒歩6分、銀座までバスで10分、バス停0分)
  • 1LDK 60平米
  • 家賃20万円/月 9F北向き
  • 駐車場2.5万円/月 ※空きなし
  • 1Fに24時間スーパー、マンション内に内科、歯医者、保育園、ジム、プールあり。コンビニ、ドラッグストア徒歩1分

これは当時のリビング。
ぶっちゃけ、LDKで18畳あったので、狭くはないと思います。
ただ、かなり縦長なので窓が大きくても暗いんですね。北向きだったし。
また、デフォルトでダウンライトとかがあったわけじゃないので、照明をこういうスポットとかオレンジのものに変えると、どうしても暗い。

これはダイニングです。
目一杯明るく撮ってますが、相当暗い。
でも嫌いじゃなかったです。
新婚Dinxが住むには、まぁ十分だったと思いますし、僕のような田舎出身のほどほどサラリーマンにとってはとても居心地がいい場所でした。

湘南、茅ヶ崎の部屋


いわゆる低層型マンションに変わりました。
当然ですが、一戸建ても検討しました。ただ、条件に合うとこが無かったんですね。(海が近い、築年数少なめ、ペット可)
茅ヶ崎は家族用のアパートも結構あるので、ペットがいなければそういう選択肢もなしではないのではないでしょうか。

僕らは湘南に引っ越してくることにより、QOL(Quality of Life)を上げたかったので、無理に家賃を下げることはしませんでした。
それよりも、同じ家賃でQOLが上がることにこだわったんですね。

  • 茅ヶ崎市海側(駅徒歩15分以上、駅までバスで5分、バス停3分)
  • 2SLDK 85平米
  • 家賃20万円/月 2F南向き
  • 駐車場0円/月
  • 最寄りのスーパーは徒歩15分、歯医者は近いけど、内科は遠い。コンビニは徒歩7分、プール・ジムは車で。

シンプルに、都内の頃より部屋に重きを置いています。

これは今のリビング・ダイニングです。
圧倒的に明るい!!!
広さはLKDで21畳ほどなので、以前より少し広いのですが、それ以上に窓の大きさと南向きということによる開放感が圧倒的な気持ち良さを生んでいます。
太陽ってこんなに素晴らしいものだったのかと痛感してしまいますね。
どうですか!家賃ほとんど同じですよ!!!

新しく買った家具はほとんどなくて、テーブルのしたの敷物を変えたくらいです。
こんなにインテリアの雰囲気が変わるんですね。

ちなみに、新しい部屋で一番恩恵を受けているのはコイツです。

ミニピンのタケヲと言います。
前の部屋では一切なかったのに、今はカーテンを開けるとすぐに日の当たるところに移動して、日光浴をしています。
日光とともに移動するので、ちょっと笑っちゃいますね。

とにかく、この部屋になってから起きるのも早くなったし、掃除もたくさんするし、外出も良くするようになりました。
外の変化がわかると、外に出たくなるんですね。

大事にしたもの


  • 前の部屋よりもスペックが上がること(同じ場所で借りたらずっと高くなるであろうところ)
    制約条件があったわけじゃないので、ベターな選択としたかった。特にリビングの広さを重視しました。

 

  • 海の近くに移るんだということを実感できるところ
    海から徒歩5分かかりません!

 

  • 日当たり
    以前の部屋はとにかく極寒だったので、場所に関わらず部屋の方角は大事にしました。

 

  • 駐車場
    車、なくてもいいかなと思うかもしれませんが、絶対あったほうがいいです。すごい混むけど。これはまたどこかで書きます。

諦めたもの


  • コンビニ、スーパー、ジム
    これらはすべて週末に車で一気買いか、ネットスーパーやアマゾンを利用しています。はっきり言って十分です。
    ジムは今は行ってませんが、代わりに1日1万歩歩いています。

 

  • 駅からの距離
    これは海の近くとトレードオフです。本当に一部を除き、鎌倉・逗子・湘南で駅近と海近が両立しているところはないですね。
    あと、都心からくると、駅徒歩10分なんて信じられないように思いますが、楽勝楽勝。
    季節の移ろいを感じたり、道行くサーファーを見て歩いてたらすぐですよ!

 

子供がいるとなかなか大変かもしれませんが、都内でいつも大事にしている駅徒歩⚪︎分とか、近くにスーパーとか、いくらでも解消方法はあります。
今はネットもすごい発達してますしね。

何が正しいとかはどういう生活を送りたいかによると思いますが、湘南に移住しようかなと思っている人の物件選びの参考になれば嬉しいです。

面白ければ下からシェアをお願いします!!!

湘南生活を始めようと思ったきっかけ

移住の動機


なんで都内(東京都中央区)から移住をしようと思ったのか、
あんまり「これだ!」という動機はないんですが、いくつか挙げると、

  • 前の部屋の更新が近づいてきた
  • 都心に飽きた
  • Ibizaに行って「太陽と海っていいな」と思うようになった
  • あることをきっかけに「郊外モード」に火がついた

という感じなんですよね。
僕はすごくお酒が好きで、昔から太陽に縁がない生活を送っていたんですけど、
年を重ねるにつれ、なんとなくそういうことに興味がなくなってきたんだと思います。
だから、特に「サーフィンがしたい!」とか、そういうのがあったわけじゃないです。あ、でも車には乗りたかったかな。。。

前の部屋の更新が近づいてきた


賃貸で住んでる人なら大体みんなありますよね。

ウチはまだ子供もいないので、引っ越しに対する懸念が全然なかったんです。
加えて、会社がリモートワークとかを推進し始めて、これはこれですごく良くて、
でも、家に書斎がないとすごく辛い。
ダイニングテーブルで1日作業するってのはなかなか大変。オフィスチェアってすごいわ、、、
ってことで、書斎が欲しかった。

しかし、都心で1部屋増やすとなると、家賃の上昇がハンパない。

前の部屋は1LDKで約60平米。家賃20万円/月だったから、これを2LDKに変えようとすると最低でも5万円、平均8万円は上がっちゃう。
さすがに月28万円は厳しいよねってことで、ゆるーく引っ越しを検討し始めていました。

このあたりの部屋のスペック比較等はまた後ほど書きたいと思います。

都心に飽きた


20代の後半から東京で仕事をするようになって10年くらい。

しかもその間のほとんどは独身だったし、結構忙しく働き、たくさんの美味しい店に行ったり、綺麗な女の子と会ったりやオシャレな街に住んだりしました。
明大前 → 麻布十番 → 中目黒 → 勝どきという、まぁ微妙といえば微妙なんですけど、それなりに繁華街や人気の街も。

で、結婚して、ライフスタイルも落ち着いてくると、都心ですることってそんなにたくさんないんですね。
毎日服を買いにいくわけじゃないし、いつも見たいライブをやってるわけじゃないし、毎回すごく美味しいお店で食事をしてたら生活ができなくなっちゃう。

要は、そんなに頻度がないシーンのために、日常を合わす必要がないんじゃないかと思い始めたんだと思います。

Ibizaに行って「太陽と海っていいな」と思うようになった


スペインはイビサ島。2回行く機会がありました。
この体験の素晴らしさは別で書くとして、その時に思ったことは、自分が欲しがっているものは都市の生活じゃないんだろうなってことです。

満員電車じゃなく、太陽の下でかく汗。
六本木のテラスじゃなく、海辺のサンセットでのビール。

そういうものが日常に溶け込んでいたのがイビサで、それが羨ましくなったのかなと思ってます。音楽もとびっきり素敵だし。

あることをきっかけに「郊外モード」に火がついた


これはもうネタに近いんですけど、『無印良品の家に住もう』というキャンペーンはご存知でしょうか?

応募して、当選すれば2年間無料で無印良品の家に住めるというキャンペーンなんですけど、僕らはこれに本気で応募しました。
詳しくは言えないけど、自分たちのクリエイティビティを尽くしてアピールシートを書きました。

結果、落ちたんですけど(笑)
※猫3匹と女一人って勝てるわけないやんけ、、、(心の声

その時に、夫婦そろっておめでたい僕らは、当たる気マンマンで、もう買う車まで選び始めてたりしたんですね。冗談半分で。

でも、その時の会話が僕らの引っ越しマインドを後押ししてしまって、もう都心に住む感じじゃなくなってたんです。
だから、「もう探しちゃおうか」ってことで、鎌倉・湘南方面の家探しが始まります。

この辺は次の記事とかで書いていこうと思います。

もし鎌倉や逗子、湘南辺りに移住をお考えの方は、ぜひ読んでみてください。

茅ヶ崎東海岸12月 夕日

面白ければ下からシェアをお願いします!!!