女子に大人気の根菜のぎゅうぎゅう焼き

ぎゅうぎゅう焼き


ぎゅうぎゅう焼きという料理をご存知でしょうか?

どうやら昨年あたりにSNSである方が作ってシェアしてから始まったブームのようですが、このいかにもホルモン感のあるジャンクっぽい名前のレシピ、実は、とてもヘルシー。

野菜を切って、火にかけて放っておいたら出来ているという画期的なものです。

オーブンを使うものが多いようですが、今回はフライパンでできる簡単な根菜のぎゅうぎゅう焼きを紹介します。

繊維もたくさん取れて大変満足。結構お腹膨れますよ!

プライパンで作る!根菜のぎゅうぎゅう焼き


レシピはこちらからどうぞ。

まず、根菜とトマトを乱切りします。

乱切りってどうやるか知ってますか?

適当に切るのではなく、食材を回すのです。乱切りのやり方はこちら

筆者はこの切り方を知ったときは本当に感動したものです。思えばあれが料理を真剣に始めた第一歩だったかもしれない。。。

で、大きく切ったベーコンとタイム(今日は売り切れてたのでローズマリー)を入れて、白ワイン・オリーブオイル・塩・コショウを入れて中火にかける。

中の水分が湧いてきたら弱火にして蓋をして20分。すると、、、

こんな感じで火が通ります。不安なら竹串でチェックしてみてください。

そしてお皿に盛ると、、、

根菜のぎゅうぎゅう焼きの、、、完成です!!!

これ、さつまいもの甘みとトマトの酸味が絶妙で、すごく優しいお味。
マスタードをつけると少し大人の味に。

ベーコンはなければウインナーでも良いと思います。
煮込まないポトフって感じですかね。

どうしてもジャンクなものを食べがちな人は、たまにはこういうオーガニックな料理も良いのではないでしょうか!

簡単なのでぜひ作ってみてください!

ちなみにこれ、材料だけ一気に切ってしまって、複数回分小分けにしてジップロックで保存しておくと速攻作れるそう。なるほど!

面白ければ↓からシェアをお願いします!

大人のオシャレ冷しゃぶ

豚肉とクレソンのゆずこしょう和え


冷しゃぶって簡単だし人気がありますが、大体ポン酢かゴマだれでレタスと一緒に食べて、、、と毎回味があまり変わりません。

そこで、ちょっと変り種というか、大人のオシャレな冷しゃぶをご紹介します。

これ、冷しゃぶと言っていますが、レシピ名は正式には「豚肉とクレソンのゆずこしょう和え」と言います。食べた感想がオシャレ冷しゃぶ!という感じなのです。

これが食卓に出てきたら明らかに「おおっ!」となりますし、とはいえ、アレンジ料理あるあるの「本家の方が美味いな、、、」みたいなことにも絶対にならないので、安心してオススメします!

「クレソンなんかあまり使わないし」、、、となるかもしれませんが、このレシピだけで食べきれますし、せっかく週末なんだから、スーパーに行って買っちゃいましょう!

大人のオシャレ冷しゃぶの作り方


まず、クレソンを水に10分さらして、水気を切ったあと、3-4cm幅に刻みます。
レシピでは2わとありますが、大体売っている1束で大丈夫です。

紫玉ねぎを1/2スライス。繊維を断ち切るというのは、玉ねぎの上下からスライスしていくという意味です。

水にさらします。これやらないとすごく辛くなるので注意。

お酒入りのお湯で豚肉を茹でます。ここ、是非動画で見ていただきたいのですが、
お湯をグツグツさせずに低温で茹でます。
こうすることで、豚肉が固くなりません!これ、ポイント!

この間にタレを作ります。
タレはオリーブオイル・しょうゆが大さじ2、酢・砂糖が大さじ1、ゆずこしょうお好み(小さじ2/3くらいかな、、、)です。

そして粗熱をとって水分を拭き取った豚肉、クレソン、玉ねぎと合わせて、、、

混ぜる!!!

お皿に盛ったら、大人のオシャレ冷しゃぶの、、、

完成です!!!

クレソンのほのかな苦味と柚子胡椒の香りがたまりません!

オリーブオイルでマイルドになっているので、ポン酢よりも食べやすい!

これはとにかくオススメなので、是非作ってみてください!

面白かったら↓からシェアをお願いします!

 

 

とり野菜みそで鍋レパートリーを増やそう

とり野菜みそとは?


とり野菜みそというのをご存知でしょうか?

石川県のソウルフードらしく、石川県ではどこでも売っているらしいのですが、最近ではテレビで取り上げられたこともあり、スーパーでも売っているところがありますし、ネットでも気軽に買えます。

このとり野菜みそ、てっきり「鶏」野菜みそかと思いきや、「もっと野菜を摂り」野菜みそ、という意味らしく、なんじゃそりゃって感じなんですけど、その通り、野菜を大量に頂くのには最高の鍋が出来るのです。

一人で食べるなら味噌汁くらいのイメージで野菜と肉をぶっこんで煮るだけで美味しい味噌鍋の完成。ニンニクが効いたコクのあるお出汁でどんどん食が進みます。

筆者はこのとり野菜みそとの付き合いが結構長いのですが、始めて知ったのは「滋賀県」のとり野菜みその方でした。

個人的にはこの滋賀県の方が味が好みなのですが、独自通販なのと、分量が多く結構高いので1シーズンで食べきれなくってもったいないことをしたりして、最近では簡単に手に入る石川県まつやさんのとり野菜みそを買っています。

とり野菜みそで絶品お鍋


こんな感じで一回分を小分けにして売ってます。

鍋に入れてこれくらい。これで4人くらいいけます。
これ以外に出汁は全く不要です!

野菜大量!
我が家は春菊、白菜、ネギ、人参、えのき、豆腐です。

オススメは春菊とネギ。春菊は煮込みすぎると崩れてスープが汚れてくるので注意しましょう。

お肉は豚か鶏ももがいいです。豚はロースだと肩ロースが味が強いのでスープに負けなくてオススメ。バラもいいですが、ちょっと重くなることもありますので、その辺は調整してください。

今日は作りませんでしたが、最後のスープにラーメンを入れても絶品!!!まるで天下一品のような濃厚ラーメンをご自宅でいただけます。

その日に食べられなくても翌日に作って美味しくいただけますよ!

ということで、簡単出汁いらずの激ウマ鍋、とり野菜みそ鍋をご紹介しました。

面白ければ↓からシェアをお願いします!

日を置くと最高!常備しておきたい白菜ナムル

たまに居酒屋や焼肉屋の付き出しで、ずっと食べていたくなる小皿ってありますよね。
今回はそういう箸が止まらない、延々と食べていたくなる白菜のナムルを紹介します。

白菜って1玉とか頂くと結構な量なので、食べきれずに傷めてしまうことなんかもよくありますので、そういう時はこれを大量に作っちゃいましょう!

レンチン!絞って混ぜる!簡単白菜ナムル


レシピはこちらから。

まず、白菜を4cm幅くらいにざく切り。
そのあと、耐熱容器に乗せて4分レンジでチン!
筆者は白菜1/4で600wのレンジ4分30秒くらいが好みです。
※ここの写真がなくてすみません。。。

ここからザルで湯きりをし、粗熱をとります。
この料理は温かくない方が美味しく頂けますし、熱いと絞る時に辛いので、ゆっくり時間をかけて置いてもらって大丈夫です。

粗熱をとったら、水分をしっかり絞る。これが結構大変ですが、しっかり水を切るのが美味しさのポイントなので頑張ってください。

水を切り終わるとゴマ油とお塩を入れて混ぜます。
この時、塩は少しずつ入れて味見をしながら調整してください。
塩が少なすぎても多すぎても台無しです。ちょっとだけ薄いかな???くらいが美味しくなります。

最後は焼き海苔をちぎってたっぷり入れてしっかり混ぜれば完成です!

すぐに食べたい気持ちを抑え、、、一晩置いてみましょう!
味にまとまりが出て、白菜がしっかりなれてとにかく美味しいです。

※これは作った直後です。1日置くともっとクタっとなります。

週末に作って、平日のサブ料理に是非どうぞ!
案外、バーベキューとかに持って行っても人気ですぐになくなる気がします。

面白かったら↓からシェアをお願いします!

100人中100人が美味い!というとん平焼きの作り方

とん平焼き(とんぺい焼き)とは


とん平焼きというのをご存知でしょうか?

大人の人なら結構ご存知だと思うのですが、鉄板焼き屋などに行くと出てくる、
キャベツと豚バラと卵を焼いてソースで食べるアレです。

wikiによると、

とん平焼き・豚平焼(とんぺいやき)は、鉄板焼きの一種。関西のお好み焼き屋・居酒屋などに多い。発祥は、戦時中にロシアの捕虜になった『本とん平』(大阪市北区)の店主が、現地の兵隊が食べていたものを参考にして出したもの。
とん平焼の語源は豚を平たく焼いたものから。色々と種類があり具材や細かな作り方も異なるが、代表的なものは卵と豚のバラ肉で作ったもので、生地を小判型に広げ、上に肉、ソースをのせてひっくり返し、肉を焼いたあと溶き卵を混ぜ合わせソース・あおのり・鰹節をかける。
他に千切りキャベツやネギを混ぜ合わせたものや、オムレツに似ているものもある。

とありまして、確かに、お店によってレシピどころか見かけが結構違います。

もともとローカルフードな上に、すごく簡単なので、作り方がどんどんアレンジされていった感じなのでしょう。

このとん平焼きですが、マジで激ウマ、100人中100人が美味い!という(自信がある)作り方があるので紹介したいと思います。

激ウマとん平焼きの作り方


レシピはこちら。豚バラ、キャベツ、卵、揚げ玉があれば作れます。

まず、豚バラを薄く白くなるまで炒めます。
レシピでは4-5cm幅ですが、ウチは1cm幅にするのが好きです。

そして5mmから10mmくらいのキャベツを合わせて炒めます。

ある程度炒めたら、塩とコショウを振ります。
ここで一回味見をしてもらって、ちょい薄いかな、、、くらいがちょうどいいです。

一旦、豚バラとキャベツを避けます。

そして、卵をフライパンに投入。
大体、85%くらい火が入ったら、火を止める。これがポイント。

これ、ゆるすぎると、あとで面倒くさいのでこれくらい。
火を止めるのが重要。

そしてここで揚げ玉投入。

さらにさっきの豚バラとキャベツを上に乗せる。
この間はずっと火を止めて、余熱で調理。

そしてうまく寄せて、、、

ここからは動画をどうぞ。こちら

そして、紅生姜を添えて、、、

完成です!!!

これ、めちゃくちゃ簡単だし、マジで超美味いので是非作って見てください!

面白ければ↓からシェアをお願いします!