とり野菜みそで鍋レパートリーを増やそう

とり野菜みそとは?


とり野菜みそというのをご存知でしょうか?

石川県のソウルフードらしく、石川県ではどこでも売っているらしいのですが、最近ではテレビで取り上げられたこともあり、スーパーでも売っているところがありますし、ネットでも気軽に買えます。

このとり野菜みそ、てっきり「鶏」野菜みそかと思いきや、「もっと野菜を摂り」野菜みそ、という意味らしく、なんじゃそりゃって感じなんですけど、その通り、野菜を大量に頂くのには最高の鍋が出来るのです。

一人で食べるなら味噌汁くらいのイメージで野菜と肉をぶっこんで煮るだけで美味しい味噌鍋の完成。ニンニクが効いたコクのあるお出汁でどんどん食が進みます。

筆者はこのとり野菜みそとの付き合いが結構長いのですが、始めて知ったのは「滋賀県」のとり野菜みその方でした。

個人的にはこの滋賀県の方が味が好みなのですが、独自通販なのと、分量が多く結構高いので1シーズンで食べきれなくってもったいないことをしたりして、最近では簡単に手に入る石川県まつやさんのとり野菜みそを買っています。

とり野菜みそで絶品お鍋


こんな感じで一回分を小分けにして売ってます。

鍋に入れてこれくらい。これで4人くらいいけます。
これ以外に出汁は全く不要です!

野菜大量!
我が家は春菊、白菜、ネギ、人参、えのき、豆腐です。

オススメは春菊とネギ。春菊は煮込みすぎると崩れてスープが汚れてくるので注意しましょう。

お肉は豚か鶏ももがいいです。豚はロースだと肩ロースが味が強いのでスープに負けなくてオススメ。バラもいいですが、ちょっと重くなることもありますので、その辺は調整してください。

今日は作りませんでしたが、最後のスープにラーメンを入れても絶品!!!まるで天下一品のような濃厚ラーメンをご自宅でいただけます。

その日に食べられなくても翌日に作って美味しくいただけますよ!

ということで、簡単出汁いらずの激ウマ鍋、とり野菜みそ鍋をご紹介しました。

面白ければ↓からシェアをお願いします!

汗が吹き出る辛さ!天狗のピリカレー(スナック)

天狗製菓という会社のピリカレーというスナックをご存知でしょうか?

筆者は知らなくて、たまたまローソンで「当店人気No.1」というポップを見かけ、
さらにそのクラシックな出で立ちに興味をそそられ購入しました。

結果、これがスマッシュヒットだったのでご紹介します。

見かけはこんな感じ。

なんというのか、大人を惹きつけるパッケージです。
本格派カレースナック!!

かっぱえびせんを思わせるフォルム。
機械は一緒なんじゃないでしょうか。

では、食べてみましょう。

最初は、、、おっ!辛いな!(;´∀`)

徐々に、、、辛え!!!!!:(;゙゚’ω゚’):

しばらくすると、、、(:.;゚;Д;゚;.:)ハァハァ

もうこの辺では顔から汗が出てきます。スパイスがすごい。
この分量、一袋の1/4〜1/3くらいなのですが、追加にいかなかったw
暴君ハバネロよりも辛いと思う。。。

でもこれ、すっごい美味しい!!!

これは辛いもの好きな方には最高なのではないでしょうか!
あと、ホームパーティーとかで出しても絶対盛り上がる!

ちなみに、これ調べてもどこに売ってるか不明(ダイソーとかにもあることがあるらしい)ので、確実に手に入れるためにはAmazonで買ってみてください。

そしてなんと!さらに「激辛」というのがあるそうです。
辛さに強い人は是非チャレンジしてもらってはどうでしょうか!?

筆者もチャレンジしてみたいと思います!

面白ければ↓からシェアをお願いします!

ポテトサラダの記事がはてぶ新着に載ってたくさんの人に読んでもらえました。
ありがとうございました。

 

人気メーカーのBluetoothスピーカーを聴き比べてみた!

最近はスマホからBluetoothで音楽を飛ばして、ポータブルスピーカーで音楽を聴く人も増えています。

筆者もBBQなどの持ち歩きはもちろん、リビング以外ではBluetoothスピーカーで音楽を聴いています。

そこで、音楽好きなら誰でもやってみたいBluetoothスピーカーの聴き比べを主要3メーカーでやってみました。

あんまり専門的なことは書けないので、直感&主観レビューです。

比べたのはこの3つ。価格はすべてAmazon価格です。

BOSE Soundlink Mini(約23,000円)

Bluetoothスピーカーの大ヒット。言わずとしれたBOSEの名作。
筆者が持っているのは初代機で、今は2代目が出ていますが、家電量販店で見たことがある人も多いと思います。

JBL CHARGE+2(約13,000円)

老舗スピーカーブランドから彗星のごとく現れた、JBL CHARGEシリーズ。

JBLスピーカーにはファンも多く、スタジオモニターシリーズ等プロの現場でもよく使われています。

SONY SRS-X2(約15,000円)

ソフトからハードまで、プレーヤーからスピーカーまで幅広くカバーする大手メーカー。

デザイン性も高く、筆者はヘッドフォン、イヤフォンはとても好きです。

まず、音質以外のスペックから比較してみます。

サイズ


サイズはこんな感じ。

JBLは明らかに大きいです。これでも中間サイズのはずですが、ちょっとポータブルというサイズじゃないかも、、、

SONYとBOSEは同じくらいのサイズです。高さはSONYの方があるけど、その分幅が狭いという感じ。

JBLは旅行鞄に入れるとちょっと大きいかなという気がしますね。

重さ


BOSE 664g > JBL 595g > SONY 423g

はっきり言って、BOSEは重すぎる。これは音質と関係ありそうですが、SONYと比べると明らかに重い。

JBLはサイズを考慮に入れるとこんなもんかなと思いますが、それでもちょっと重い。

SONYの軽さは女性だとかなりありがたいのではないでしょうか。ただし、この時点で音質がある程度想像がつきます。

この軽さだと大きな出力は耐えられないでしょう。

デザイン


これはもう圧倒的にBOSEがカッコいいし、邪魔にならないデザインです。

このデザインに惹かれて1ランク上のBOSE製品を買う人も多いと思います。
※筆者はこのタイプ。リビングはWaveRadio

JBLはちょっと無骨すぎて女性は買いにくいかもしれない。女性の部屋にあると、「おお。元カレの?」と思っちゃいます。

一方で、SONYは少し可愛いというか、大人しい。音楽ファンの気配がしない。これが男性の部屋にあると、「おお。元カノの?」とは思わずに、「ふっ。ド素人が、、、」と思っちゃいます。

UI(ユーザーインターフェース)


BOSEは電池残量とBluetoothがつながってるかどうかがわかりにくい。
あと、2代目からは直ってますが、スピーカーの下にUSBドックつけるってどういう神経しとんねん、、、

JBLは操作性や電池残量のわかりやすさは完璧なのですが、

底の部分の面積が狭く、やや安定性に欠けます。不安定な野外とかでどうだろうか、、、

SONYは電池残量がわかりにくい以外は特に問題ないかな。

では、肝心の音質にいってみましょう。

BOSE、JBL、SONYの音質比較


聴き比べには下記を利用しました。いずれもiTunesのDL音源です。

Disclosure / F for U

イギリスの若き、期待のダンスミュージックデュオ。なんと今年活動休止を発表しました。UKガラージとか、ディープハウスとか言われますね。
余談ですがこのPVかっこよすぎる。生で見たかった。

Inner Life / I’m caught up in a one night love affair

かのJocelyn Brownを擁したInner Lifeのデビュー曲にして、ガラージクラシック、フリーソウルの名曲です。

では、それぞれメーカー別に。

BOSE、Soundlink Miniの音質


・総じて言うと”鳴りすぎて”疲れる
・低音の迫力は振動がしっかり伝わってくるし、高音もクリア
・ただし、中音域がこもって全然聞こえない
・迫力はあるし、「お!いい音!」と思うけど、曲と場所を選ぶ
・デスクの上に置くと振動がウザい
・その場を疑似クラブにしたい人にはオススメ

Soundlink MiniでDisclosureを聴くと、、、
・キックがボッボッと鳴り、振動が凄い
・低音が強すぎて、他の音が聞こえない
・ヴォーカルとキックが強すぎるように思う

Soundlink MiniでInner Lifeを聴くと、、、
・出だしから迫力満点
・ギターのカッティングもキレ抜群。
・ストリングスの鳴りも伸びやか
・ヴォーカルも臨場感あり、素晴らしい
・やっぱり、ちょっと低音鳴りすぎ?

JBL、CHARGE+2の音質


・素晴らしくまとまった音
・細部まで表現力豊かで疲れない
・BOSEより迫力はないがバランスのとれたいい音
・低音の割にデスクに響かない。ウーファーのコーンの位置がいいのかな、、、

JBL CHARGE+2でDisclosureを聴くと、、、
・キックは小気味よく、タイトに鳴る
・裏打ちのハイハットもクリアに聞こえる
・ヴォーカルの繊細な音まで表現されている

JBL CHARGE+2でInner Lifeを聴くと、、、
・キック抑えめも鳴りよし
・ギターのカッティングもキレ抜群
・ストリングスの鳴りも伸びやか
・ヴォーカルがちょっと大人しいが細部までしっかり聴き取れる
・まとまりが良い

SONY SRS-X2の音質


・いい意味でも悪い意味でものっぺりしている
・ラジオのようにデスクで聴くなら悪くないけど、、、
・小音で聴くならともかく、ちょっと音量上げて聴くレベルにない
・音量を上げるとアラが出るので、狭い部屋向き
・1.5万円の音質とは思えない(悪い意味で)

SONY SRS-X2でDisclosureを聴くと、、、
・低音鳴らなさすぎ
・ヴォーカルだけやたら大きくペラペラの音質
・音量大きくするとスネアの音が割れる
・原曲の格好良さが完璧に消えてる、、、

SONY SRS-X2でInner Lifeを聴くと、、、
・disclosureよりマシかな、、、
・同じようにキックとベースが全然鳴ってない
・全体的にのっぺりとしてキレがない音
・POPSをゆっくり聞くのにむいているかも、、、

まとめ


まず、そこそこ音楽好き、音質大事という人にはJBLイチオシ。コスパ良すぎ!

JBLを聴くとBOSEはDQN感がすごい。
ただし、音量を上げた時のBOSEの迫力は凄いので、迫力重視、低音ブリブリという人にはBOSEの方が向いてます。

筆者もBOSEをIbizaに持っていきましたが、Hard Rock Hotelに備え付けの何倍もの大きさのLGよりも良く鳴ってました。
なので、ちょっとしたオフィスというか、そこそこの距離を置いて鳴らすならBOSEが一番いいと思います。

JBLは大きいですが、BOSEは重いのでどっこいどっこいですね。

バランス高音質型:JBL

爆音低音型:BOSE

SONYは、、、正直筆者は買いません。

音質があまりにもショボすぎる。
ただ、ボリュームを抑えて聞きたい場合はボーカルの大きさは大事だし、POPSをゆっくり流すのには一番向いているかもしれない。
このスピーカーは女性スタッフに借りたのですが、それはそれで合っている気がしますね。

ということで、筆者のオススメは圧倒的にJBLです!

昨日、ポテトサラダの記事がはてぶ新着に載ってたくさんの人に読んでもらえました。

ありがとうございました。

面白かったら↓からシェアをお願いします!

アクアダンスという防水スプレーが超絶凄い

突然ですが、防水スプレーって使ってます?
特にスエードを中心にした革物や、ナイロンブルゾンにかけておくと撥水してくれるあのスプレーです。

筆者がスノーボードを頻繁にやってた頃は、GORE-TEXと言えど、それなりに撥水力が低下してくるので使っていましたが、最近はめっきり使うことがなくなりました。

ところが、奥さんがハンズの街頭セールで買ってきた、このアクアダンスを使ってみると、、、衝撃!!!

こんなに水って弾くもんなんですね。

恐るべし撥水力!アクアダンス!


まずは最近新調したUGG。メンズはこちらが安いですよ、、、

このUGG。ビーチシューズのくせに見ての通り水に弱い。
特にドライビングシューズのような形をしているので、雨の日の後に歩いたりすると、ヒールの周りのスエードが水を吸ってしまったりして大変です。

まずスプレーしてみます。本当は before→afterが良いのですが、そこまでの勇気はなくw

 

このUGGにアクアダンスで撥水加工してから水をかけてみると、、、

なんということでしょう!!!

女子高生の肌のように水を弾くじゃありませんか!!!

これ、ウィメンズのブーツと合わせたら最強の気配。多少の雪なら無敵かも。

次に先日ロンハーマンで買ったこのポーチ。
アウトドアで使い倒してやろうと思っております。

これにも、、、※色々使ったので、途中でなくなります。

なんということでしょう!!!(ry

革やダウン系のナイロンなど、デリケートな素材でも変色しませんし、とてもいい。折りたたみ傘に振っておくと水切りがスムーズで、電車の中やカバンの中がドボドボになるようなこともありません。

とまぁ全面的に信頼していますが、こういうものはそのうち効果もなくなってくるので、その都度振り直してはまた撥水を試す。というのが楽しいですよね。

ということで、アクアダンスはマストバイです、という話でした。

おしまい。

面白ければ↓からシェアをお願いします!!!

Rainbow Disco Clubという最高のフェス&キャンプ その2

前回の続き。

筆者はキャンプ素人で、このフェスが学生時代から十数年ぶりのキャンプだったのですが、十分楽しめましたので、キャンプ環境についても書きたいと思います。

惜しむらくは写真をあまり撮っていなかったので、今年はいっぱい撮ろうと思います。

キャンプ会場について


場所は伊豆稲取という駅からタクシーで15分ほどの伊豆クロスカントリーコースという場所です。

筆者は昨年は東京から踊り子号で伊豆稲取まで行って、そこからバスという手段をとりました。

確か午前10時頃に東京駅を出発し、踊り子号で乗り換えなし、2時間とちょっとで伊豆稲取駅に着きます。到着すると駅にはすでにタクシー街の参加者たちが。

伊豆稲取駅は普段は非常に静かな街なので、タクシーがそんなに走っていません。
なので、前は10人くらいだったのですが、約30分待ってもタクシーに乗れず、、、
結局、バスでクロスカントリーコースまで行きました。
バスで行くと安いし、着くまでの時間もそんなにかからないのですが、荷物を積み込むのが大変。
幸い、他の参加者もいましたので、冷たい目で見られることは特になかったです。

後に街に出るときに乗ったタクシー運転手が、「今日なにかあるの?さっきからピストンで、、、」とおっしゃっていたので、街の業者はあまりイベントのことを知らなかったようです。

ぜひ開催者の皆様には街のタクシー業者に配車強化の依頼をしていただきたい!!!

ということで、東京を出てから大体3時間くらいで会場に到着。
ここから受付とテントをレンタル(後述)し、中に入ります。この間だいたい30分くらい。

※注意事項※
Rainbow Disco Clubはアルコール類持ち込み禁止です。エントランスで徹底的にチェックされますので、そのつもりで。
筆者は守っていましたが、知らなかったり、持ち込みチャレンジした人がかなりその場で捨てさせられていました。
個人的にはこれだけのメンツを集めて、準備に結構なコストをかけている割にスケールしにくいジャンルのフェスなので、ドリンク等で徹底的に回収していくのは悪くないと思うのですが、ドリンクついてはワインのボトル販売等まとめ買いを検討いただきたい!買いにいくまで遠いのです、、、

キャンプ環境について


まずテントを張る場所ですが、ダンスフロアからは少し離れた高台にあります。

写真はまだ早い時間(といっても15時頃)ですが、これが夕方にはびっしりテントで埋まります。夜歩いていたらペグでつまづくくらい。

ちょっと夜ですが、高台からフロアを見下ろすとこんな感じ。

テントを張る場所にもよるのですが、トイレはちょっと遠い。一番遠いテントからは歩いて10分くらいですかね。洗面所も同様です。

ただし、フロアも含めたトイレ環境はとても良く、それほど混雑することもなく、頻繁に掃除されていて、この手のフェスにしては非常に良い状態でした。
念のため、踊っているときも常にティッシュペーパーを携帯しておけば十分ではないでしょうか?

筆者と一緒に行った友人の女性はこういうものを常備していましたw

尚、お風呂とシャワーは会場にはありません。
アーバンでシティボーイな筆者は風呂なしというのがどうしても出来ないので、タクシーのある時間に温泉まで出ていきました。

ずっと踊っていたい人は、、、難しいですね。でもそれも疲れると思いますし、せっかく温泉地ですからタクシーで10分くらいのところにいくつか温泉がありますので、ぜひ行ってみてください。

キャンプ道具について


さて、それ以外のキャンプ環境ですが、キャンプ慣れしているアウトドア上級者も中にはいらっしゃいましたが、多くはフェスメインで来ている音楽ファンの皆様や、コンパクトにアウトドアを楽しんでいる皆様でした。

そういう方(キャンプ素人)が参加される場合、筆者が持って行ったもの、あった方が良かったもの、なくてもそれほど気にならないものという最低限のアイテムを紹介したいと思います。

テント近辺にいるタケヲ

・テント&マット
まず、このイベントでキャンプをしながら音楽を楽しもうとすると、費用は大きくいかに分かれます。
①入場料
②テントサイト
③テントレンタル
で、ややこしいのは、①と②は別モノで、②と③も別モノなのです。

つまり、イベントへの入場だけで①、そこからはどこか別のところに泊まろうが、野宿しようがまぁお好きにしてくださいと。
で、フェス会場内のテントサイトを使うなら②も要ります。そして、自分で持ち込むテントがなければ③でレンタルできますよ、というものです。

まず、②のテントサイトはこちらから購入できます。
やたら広いテントを立てる人はその面積分必要です。

そして、テントがない人はテントレンタルもできます。
去年はこちらから出来ましたが、今年はまだアナウンスがないですね。。。

そして、テントですが、レンタルしたら下のマットがついてきません!
ペラペラの露よけマットは付いてくるのですが、いわゆるショック吸収用が付いてこない!!!これがかなり辛いです。
キャンプ上級者では絶対やらないと思うのですが、ド素人の筆者たちはやってしまいまして、まだ毛布を引いていた分マシだったのですが、寒い上に翌朝体がガタガタに、、、

ですから、テントをレンタルする場合も買って持っていく場合もこういうマットが必須です!

余談ですが、筆者たちはド素人なので、夜間ペグを刺さずに踊りに行って、帰ってきたらテントが飛んでいて周りの人にご迷惑を、、、
さらにテントの中には犬のタケヲが入っていたのですが、それがきっかけで逃げてしまっていました。保護してくださったカップルには本当に感謝しています。

・寝袋
そして当然寝袋が必要です。

・イス
イスは最近流行っているこのタイプがオススメ。
圧倒的に持ち運びがしやすく、軽いです。
尚、これはHelinox(ヘリノックス)というトップブランドですが、筆者はバッタもん(安いやつ?)を買いました。

Helinox

バッタもの

正直なところ、座り心地は若干確かにHelinoxの方がいいかな、、、くらいなのですが、イスというのは壊れたら終わりなので、安いのはその分壊れるリスクはあると思います。ちょっとテスト的に買ってみよう、、、という場合は安いものでいいのではないでしょうか。

・テーブル
テーブルも折りたたみの軽いものがあると便利です。
ここでもHelinoxは素敵な感じのものがあります。高いけど。
筆者はこれの半額くらいのものを買いました。もうAmazonで見つかりませんが。

・ランタン&ライト
夜は本当に真っ暗なので、これも要ります。
ランタンはテントに固定用、ライトは持ち歩き用です。
ライトを持ち歩かないとトイレまで辿りつけないし、大量にさしてあるテントのペグにつまづいて怪我をしてしまいます。

・モバイルバッテリー
ダンボ一個で持ちこたえられます。

食事はフェスで出ているお店で全部食べれば、これだけのアイテムがあれば大体やり繰りできます。あとは好みと身軽さでガスコンロやグリル持っていったりという感じでしょうか。

少人数でいく場合は荷物の運搬も大変なので、ほどほどにしていくのが良いかなと思います。

筆者は今年、キャンパーの友人に勧められたこのテントを購入して参戦する予定です。

ファッション


最後に、Rainbow Disco Clubのファッションですが、昼間はびっくりするぐらい街中ファッションです。フェス感の強いアウトドア系というよりはモードな人たちも結構いて、多分、日本で一番お洒落な音楽好きが集まっているんじゃないかなと思いました。

晴れていれば昼間はTシャツ・短パンでも大丈夫!上着1枚あれば十分です。

ですが、夜!まだGWですから夜はマジで寒いです。極寒
大げさじゃなく、薄手のダウン&暖かいパンツがあった方がいい。

筆者はあまりにもの寒さに近所のしまむら的な洋品店でおっさん用のタイツを買って履いてました。それくらい夜は寒いので防寒対策はしっかりやっておきましょう!

いろいろ書きましたが、今年もとても楽しみにしています。
良いブッキングだといいな。

終わり。