ANKERの急速USB充電器がめちゃくちゃ使える件

ガジェットだらけ、コードだらけ


手持ちのガジェットが増えてくると、どうしても困るのが充電器。
しかも、iOSとその他ガジェットは企画が違ったりしますので、皆様、家の中がUSBコードだらけという現象になってませんでしょうか?

筆者はいつも一人用に、8つ充電を待っているデバイスがありますが、
これって、規格だけでいうとコードは3つあれば良いんですね。
イヤフォンの登場で一つ増えた、、、

USB-thunderbolt
・iPhone × 2
・iPad Pro
・iPad mini

USB-microUSB
・icos(電子タバコ)
・ポータブルスピーカー

USB-独自インターフェイス
・Blurtoothイヤフォン

ですが、どのデバイスもいつもフル、、、とは言いませんが、ゼロにならないようにある程度の充電をしておこうとすると、色んな部屋にたくさんケーブルを置いておかなければなりません。

しかし、ケーブルの大量配置から解放される方法を見つけました。
回避の方法は「速さ」でした。

要は、充電が速ければどんどんデバイスを交換していけば良いだけなので、コードがたくさん要らないということです。

爆速!ANKERの急速USB充電器


このAnkerというのは全米No.1USBブランド(なんだそりゃ、、、)らしく、最近ではポータブルスピーカーでも台頭してきています。

で、私が購入したのはこちら。

この充電器が備える技術を要約していうと、下記のようです。

・そもそもの出力が大きい(iPhone6,6sの場合、デフォルトの1.4倍)
・独自技術によるデバイス最適化
・独自技術によるケーブル最適化

また、この出力が大きいポートが3つあり、同時接続でもパワーが落ちないのが特徴。今までマルチタップはパワーが落ちて困っていました。

さて、開封してみます。

2,000円なのに、大げさな梱包ですw

早速セッティング。

コンパクトに整理できました!

このアイテムはもともと奥さんが持っていたので、実力は知っていました。
充電時間は大体30分くらいでiPhone6が30%くらい充電されるくらいの感覚。
普通のマルチポートよりは遥かに速いですし、デフォルトについている充電タップよりも随分速く感じます。

充電周りで困っている人は、高いものではないので、ぜひ買ってみてください!

面白ければ下からシェアをお願いします!!!

B&O PLAY H5の実力

聴いてみた!


前回の続き。

さて、聴いてみましょう!
ということで、まずはこちらの曲を聴いてみました。
USアンダーグラウンドでは超有名人。故プリンスやエリカ・バドゥがフックアップしたNew Soulの女性3人組、KING。
ドリーミー、ポップ、ソウルフル。僕はポップで黒いFiona Appleという感じがしたんですが、その辺は置いておいて、、、いざ聴いてみると、、、

ん、、、???

は、迫力不足、、、。

ボリュームもあまり大きくならないし。

これがワイヤレスか。。。3万円、、、。

と思いましたが、違いました。
理由は2つあって、
充電残量が残りわずかの場合はボリュームが自動で一定になるとのこと。安心。
もう一つは標準イヤーチップだったこと。

しばらくコンプライしか使っていなかったので、明らかにパワー不足だと思いましたが、コンプライにしてからは素晴らしい音質に!!!

音楽ファンは絶対買うべし!コンプライ


コンプライというのはカナル型のインイヤーイヤフォンの別売りチップで、対応しているメーカーのものならどこのでも使えるのですが、これがあるだけで劇的に音質が向上します。
とにかくこれだけで音質が2万円分は向上すると言って良い。とんでもなく凄いアイテムです。

普通、カナル型のイヤフォンのチップはシリコンかゴムで出来ていますが、コンプライはウレタンのような素材で出来ています。

この素材のおかげか、音質にキレが出て、低音のキックはまるで耳を叩くようにな鳴り、スネアはバンッバンッと小気味よくリズムを刻むようになります。

また、素材の特性上、一定のノイズキャンセリング効果も。
とにかく、ShureやBoseを使っている人でなければ、一度は試していただきたい。
※Shureはオリジナルがウレタン、Boseはイヤーチップの形が独特

筆者はコンプライのないイヤフォンライフはもう考えられません。

コンプライ装備後のB&O PLAY H5の実力


もう一度、先ほどのKINGを。

す、素晴らしい!!!

ヴォーカル3人のハーモニーはそれぞれしっかり聴こえ、ドリーミーでサイケなアレンジが脳みそをとろけさせてくれます。
高音は伸びがよく、ピアノの音も過度にうるさくない。これはThe BeatlesのStrawberry Fields Foreverとかも相性いいかも。
ベースは大きすぎたりぼやけることもなく安定して鳴ります。これはいいかもしれない。
スネアの音はここまで「太鼓感」が出るとは正直びっくり。スネアを叩くスティックをはっきりとイメージできます。

次にダンスミュージック。ハウスです。
今最も乗っているハウスDJ、プロデューサーであるClaptoneがRemixした大御所New Orderの曲、People on the high line。
先日ZARAでかかってて、おっ!と思いました。

ダンスミュージックではキックが耳を叩くようにキレが良く出てくることと裏打ちのハイハットとベースラインのメリハリがクリアに出てくるファンクションワンのフロアのようなセッティングが好みなのですが、こちらも素晴らしいです。
もう少しキックが強めでもいいかなと思いますが、それはイコライザで調整してみましょう。

さて、次は筆者が色々なイヤフォン、ヘッドフォン、スピーカーを視聴するときに必ず聴く曲です。
ダンス、バレアリックのクラシックで、今も色あせない名曲。Soul 2 SoulのKeep on movin’。
この曲は女性ヴォーカル、伸びのある高音のストリングス、静と動、キレがあるリズム、ブレイクビーツで多用された伝説のリズムパターンなど、イヤフォンの実力の測るのに絶好の曲です。

す、素晴らしい!

ワイヤレスでここまで鳴らしてくれると思いませんでした。
見事に世界観を再現してくれています!

邦楽も聴いてみましょう。著作権の関係上、CMでご紹介。
宇多田ヒカルの最新アルバムから「道」。

これが一番イヤフォンの実力がわかりました。
めちゃくちゃすごい。宇多田ヒカルってこんな綺麗な声してたんだ。感動してしまった。ものすごく繊細なところまで再生されています。
宇多田ヒカルとか、椎名林檎とか、海外だとスティーヴィー・ワンダーとか、ひょっとしたらマイケル・ジャクソンとか。ビブラート系のヴォーカルが好きな人にはたまらないのではないでしょうか!

では、アイドルとかはどうでしょうかね。
ということで、筆者の好きな曲。AKB48の恋するフォーチュンクッキー。

これは、、、ダメでした。
ダメというか、元々の音源がもの凄くバランス良く出来ていて、大勢のヴォーカルを立たせるように出来ているので、イヤフォン独特のメリハリがイマイチ出てきませんでした。もちろん、悪化するということはないですよ。

最後にロック。
PEPSIのCMで一躍有名になったUKのロックバンド、The HeavyのSame Ol’。
Led Zeppelinの影響なのか、UKからは定期的にこういうバンドが出て来ますね。

これは冒頭のストリングスからのオーケストラのところが素晴らしい。
低音はボケずにキレがあり、伸びのあるヴォーカルを引き立てます。
また、ギターのヘヴィーなリフの鳴り方が独特で、コードの美しさというか、意味を感じる音質になってます。

これ、例えばPUNKだとSex Pistolsみたいなオーバーエフェクトがカッコイイかも。。。と思って聴いてみたら凄かった。ジョニーが目の前にいるような気分。

尚、すべてitunesでDLした音源でテストしました。

ということで、オールラウンドにいけるこのH5ですが、敢えていうなら音のまとまりが重要で多重録音してあるようなPOPSとかには余り向いていないかもしれません。でもスペクターサウンドとかはいけそうだけど。。。

一方、SOULとかJAZZ、HOUSE、Technoなんかは凄くマッチしている。Rockは好みかも。Boseの方が良いって人もいそう。

あと、慣れるまではコードの擦れによるタッチノイズが大きいので、クラシックには絶対向いてないし、激しい運動をする時用にこのイヤフォンを使うのであれば、それは絶対にやめた方が良いと思います。

ということ、勇気を出して買ってみましょう。素晴らしいイヤフォンライフが送れますよ!!!

Black

Pink

Moss

最後に筆者がコードありでCP最強だと思っているイヤフォンを2つご紹介します。

まず、SONYのMDR-XB90EX/B。これにコンプライのコンボ。
ダンスミュージック好きならこれが最強。さらにコンプライと合わせても1.2万円という最強コスパ。

次にShureの大ヒットイヤフォン、SE215。
これ、音質は本当に素晴らしいのですが、耳にかけるのが面倒臭いし、コードがどこかに引っかかったときに耳が持っていかれる感じがたまらなく辛い。
ダサささえなんとかなれば、、、という代物。イヤーピースはデフォルトでウレタン。

ということで、イヤフォンジプシーだった筆者がBluetoohワイヤレスイヤフォンを買った話でした。

面白ければ下からシェアをお願いします!!!

勇気を出してB&O PLAYのワイヤレスイヤフォンH5を買ってみた

ついに買ってしまった。
値段3万円のBluetoothワイヤレスイヤフォン。

音楽好きの人にとって、3万円のイヤフォンっていうのは、そんなに高いハードルじゃないというか、ソフトよりもハードという人は結構持ってます。
Boseのノイズキャンセリング系とか、ちょっと余裕のあるOLさんとかでも持ってますね。
クラシックとか好きな人のイヤフォンは10万超えるものも。セミオーダーとかもありますし。
とはいえ、3万円もかけるわけですからそれなりに勇気というか、良いものが欲しいですよね!

筆者はものすごく音楽が好きで、1日平均5時間くらいはなんらかの音楽を聴いているのですが、ハードよりもソフト派で、且つ「すぐに失くす」のでどうしても高いイヤフォンを買うのは躊躇してしまいます。本当にしょっちゅう失くすのです。
一方で、シャカシャカの音質のイヤフォンもどうしても好きになれず、1万円強くらいのコストパフォーマンスが良いイヤフォンを探してジプシーしてきました。

また、音質の低下を考えるとBluetoothによるワイヤレス化にもかなり慎重だったのですが、先日、4万円くらいのソニーのワイヤレスヘッドフォンを使わせてもらったところ、あまりにもの音質の良さに、「こりゃ値段が高かったらなんとかなるな」と思ったのです。
加えて、最近歩く時間、電車の乗り降りが増え、コードがとにかくウザくなってきたので、思い切ってワイヤレスにしてみました!

B&O PLAYとは?


B&O PLAYとは、デザインによる圧倒的な存在感と、圧倒的な価格、デンマーク生まれの超高級オーディオブランドとして世界的に有名なBANG & OLFUSENのカジュアルブランドで2012年から始まりました。
最近ですと、CONRANとかのオシャレ家具屋さんにこのプレーヤー&スピーカーが置いてあるのをみたことがある人も多いのではないでしょうか?

これで25万円くらい、、、

ちなみに、筆者の世代のBANG & OLFUSENと言えばこれ。6連CDチェンジャー!
裏原宿系のショップには軒並みこのプレーヤーとスピーカーが置いてあって、メルセデスベンツGクラス(通称:ゲレンデヴァーゲン)と同じく裏原キッズ達の憧れのプロダクトと言えます。

このセットで140万円、、、

B&O H5開封の儀


Amazonだと注目から翌日。すごい時代ですね、、、
このH5は黒、ピンク、カーキと3色あるのですが、筆者はカーキを購入。

外装
開けてみた

ほどほどの高級感。このクラスのイヤフォンだとBeatsとかもこれくらいの包装はしてます。ShureとSonyはストイックというか、、、ここにお金はかけてなかったな笑

 

質感は値段相応ですごくいい。あと、コードが短いのも好みです。
コードは紐でコーティングされていて、これがちょっと心配。タッチノイズがうるさそう。
マグネットの感じは強すぎず、弱すぎるで好感度高い。
デザインもいいので、このままぶら下げててもかっこいいです。

充電時

電源はUSB接続です。
高級品あるあるなのですが、こういう充電系の独自UIやめてほしいな、、、
不便でしかないのです、、、
もしくは簡単にもう一個買えるようにしてほしい。

イヤーチップ

イヤーチップは2種類がデフォルトで付いていて、右がオリジナル、左がコンプライです。このコンプライの凄さは次回語ります。

続く

湘南といえばヤンキー、暴走族なのは何故なのか?

筆者はもともとヤンキーが多い街で育っているのですが、ヤンキーが多くなるにはいくつかの地理的要件があるように思います。
詳しくは書きませんが、最終的には様々な要因に端を発するその時の教育水準ということになるのかなと思います。

しかし、湘南って住んでてもあまりそれ(教育水準)を感じないんですよね。
なんでヤンキーが多いことになっているのでしょうか?

実際に住んでみて、ヤンキーはいるのか?

なお、筆者はヤンキーではありませんでしたが、仲が良かった子もいたのでヤンキーは嫌いではないです。

結論、ヤンキーらしきのはいる


ただし、みんなバイクに乗ってるので、年齢不詳なんです。
たまーにブオォン!ブオォン!と爆音を立てて走りすぎていくバイク。
見ると風防付きの古いカワサキ。タンクはラメ入りの赤。シートは白のレザー。

あんなの30年ぶりくらいにみました。
調べると今は「旧車會」なるものがあって、若い子じゃなくて、昔暴走族でブイブイ言わしてた人たちが趣味で乗っているとのこと。
また、湘南には元ヤンで今はサーファーという方も結構いるとかいないとか。

地元の先輩のFBを拝見すると、確かにまだ乗ってる人はいるようなのですが、あんまり走っているのはみたことありません。

僕らの時代はもうだいぶヤンキー文化が廃れていたので、自分の同級生の元暴走族でもあんまりああいうのを乗ってる友達を見る機会がありませんでした。
※先日、じいさんの葬式に行ったらヤンキーの友達が親族になっててびっくりした。

ヤンキー文化の最盛期は80年代ですから、僕らよりも7〜10歳くらい上の世代が最盛期です。湘南爆走族とかが影響大きかったんですかね?

ヤンキー漫画といえば、特攻の拓


一方、筆者の世代は少年マガジン全盛期。ドラゴンボール亡き後の少年ジャンプを少年マガジンが発行部数で抜き去った世代です。

この時、少年マガジンにはたくさんヤンキー漫画が連載されていて、独特の言い回しや無茶苦茶な暴れっぷりをギャグ漫画のように愛読しておりました。

少年マガジン:湘南純愛組、カメレオン、特攻の拓
少年ジャンプ:ろくでなしBLUES
少年サンデー:今日から俺は!

などなど、その他にも青年誌等を合わせるとすごくたくさんヤンキー漫画があった時代です。

その中でも、いまだ愛読しており、ヤンキー漫画、というより暴走族漫画の頂点と筆者が思っているのが「疾風伝説 特攻の拓」です。これ、「かぜでんせつ ぶっこみのたく」と読みます。信じられないですが、本当の話。

この特攻の拓は本当に面白くて、テニスの王子様のような、非現実的な展開が楽しめるものとなっております。

例えば、17歳の少年(財閥の御曹司)がバス停を片手で振り回したり、

バス停を振り回す武丸クン

18歳の少年が片手で車をドリフトさせたり、

年齢的に初心者のはず、、、

JCが高校生を襲ってキン○マを鉄パイプでえぐり出そうとしたり。

生娘のはず、、、

この漫画は名言もたくさん出てきます。

出発(デッパツ)。おおおお

実は他の人の顔もおもしろい

不運(ハードラック)と踊(ダンス)っちまった ※18歳

タバコ、グラサン、車の3連コンボです

月が狂ってやがる ※17歳

やられている子の顔に注目

しかし、この子達、高級な自動車や単車のお金はどうしているんでしょうか?

彼らが毎年甲子園を熱くさせる球児たちと同い年だと思うと、different strokes for different folks。十人十色の十代があるのだなぁと思います。

江ノ島の先、弾丸ストレート


先日気づきましたが、筆者の家の近くは、
拓こと浅川拓クンが故人である天羽セロニアス時貞クンから譲り受けたルシファーズハンマーのSRで、元横浜(ハマ)の音速の四天王那森須王クンと元爆音小僧で現朧童幽霊(ロードスペクター)の榊龍也クンを抜き去った、江ノ島の先の弾丸ストレートに位置することがわかりました。

天羽セロニアス時貞クン(16歳)
那森須王クン(17歳)
江ノ島弾丸ストレート
結果は、、、!?

箱根駅伝で夢中になっていて気づきませんでしたが、
あの熱い戦いの舞台になった場所に住んでいると思うと、胸が熱くなります。

筆者は藤原伊織さん、大沢在昌さん、馳星周さん等のハードボイルド小説が大好きなのですが、彼らの本を読み、想像していた新宿大ガード下やゴールデン街、花園神社、中国大使館、麻布警察署、六本木交差点などに行くたびに、小説に思いを馳せ、「ここがあのストーリーの現場で、ここから犯人が出てきて、、、」などと思っていたわけですが、これからは散歩の度に天羽くんのSRを思い出さないといけません。

尚、筆者はかねてから特攻の拓のLINEスタンプを実現してもらいたいと思っております。なんとかなりませんかね、講談社さん。

ということで、湘南にヤンキーはいるのかというと、らしき人はいる。ということでした。

追伸:筆者が最も好きなヤンキー漫画はクローズです。

おしまい。

面白ければ下からシェアをお願いします!!!

JA湘南あさつゆ広場に行ってきた!

あさつゆ広場とは?


あさつゆ広場とは、JA湘南が運営する大型の農産物直売所です。
シンプルにいうとデカイ八百屋。

平塚市街から秦野の方に向かう途中、茅ヶ崎からだと大体車で40分くらいの場所にあります。

ここは茅ヶ崎の海辺の朝市などと違って毎日運営している店舗なので、早朝から行列を作って、、、ということはありませんが、かなり流行っていて結構台数あるはずの無料駐車場はいっぱい。近くの有料駐車場に停めました。

 

青空市ではなく、お店があります
店の中

 あさつゆ広場に売っているもの


あさつゆ広場に売っているものをざっくり分けると、野菜、花、肉、特産品・加工品、その他です。

まず圧倒的なのは野菜です。安いのと、とにかくフレッシュ!持った瞬間の重さが違います。ずっしり、、、!

湘南産野菜1
湘南産野菜2

我が家は最近、菜の花にはまっているので、菜の花を買いました。
その他には、白菜、にんじん、ほうれん草、白ねぎ、レンコン、いちご、きゅうりみかんを購入。

次に肉。肉はこのあと別のスーパーで揃えることに決めていたので、写真だけ。
実際に、この販売所で売っている肉の量はそれほど多くありません。やはり押し出しは野菜と花だと思います。

湘南産のお肉

花はホームセンターを安くしたような感じでしょうか。シクラメンが多かったイメージです。

特産品・加工品ですが、これはとても筆者好み。道の駅に売ってるようなものが売っています。我が家はぬか漬けと青唐辛子味噌と玉ねぎの漬物を買いました。

青唐辛子味噌

よくおにぎりに入っているやつですね笑

玉ねぎの漬物

これ、絶品でした。これだけでも買いにいく価値ある。

特産品は他にもこんなものが、、、
見にくいですけど、まぁ道の駅系です。

特産品

そして、店の外にはソフトクリームと焼き芋が売っているのですが、焼き芋が焼けるころには、、、

焼き芋行列

マジすか、、、。焼き芋の並ぶってすごいな、、、。(いろんな意味で。

この芋には並ばなかったけども、東京都内よりもこっちの方が並ぶようなイベントが多い。実際は都内の方が圧倒的に多いのだけども、地方で並ぶようなことはないだろうと思っていたので、相対的に多く感じる、ということだと思う。
こっちだとご飯屋さんにまず並ばないしね。

ソフトクリームも変わった味があって、ネギ味とかある。
ネギ味には手を出しませんでしたが、ソフトクリームは美味しかった。

余談ですが、都内でも「〜マルシェ」とか、青空市場って結構あると思うんですが、僕どうしてもあれが苦手でした。
なんか、売ってる人が謎(ごめんなさい。でもなんかすごく謎。農家の人に見えない)だなってずっと思ってたし、フレッシュな野菜とかよりも、ジャムとかワインとかピクルスとかそんなのばっかりだったから、こういう直売所のような「流通を中抜きしたことによるメリット」みたいなものを全然感じなかったんですね。

だから、湘南に引っ越してきて、こういう直売所にたくさん行けてとても楽しくなりました。

湘南野菜を食べて、地産地消しましょう!

あさつゆ広場の詳細はこちらから。

面白ければ下からシェアをお願いします!!!