人気メーカーのBluetoothスピーカーを聴き比べてみた!

最近はスマホからBluetoothで音楽を飛ばして、ポータブルスピーカーで音楽を聴く人も増えています。

筆者もBBQなどの持ち歩きはもちろん、リビング以外ではBluetoothスピーカーで音楽を聴いています。

そこで、音楽好きなら誰でもやってみたいBluetoothスピーカーの聴き比べを主要3メーカーでやってみました。

あんまり専門的なことは書けないので、直感&主観レビューです。

比べたのはこの3つ。価格はすべてAmazon価格です。

BOSE Soundlink Mini(約23,000円)

Bluetoothスピーカーの大ヒット。言わずとしれたBOSEの名作。
筆者が持っているのは初代機で、今は2代目が出ていますが、家電量販店で見たことがある人も多いと思います。

JBL CHARGE+2(約13,000円)

老舗スピーカーブランドから彗星のごとく現れた、JBL CHARGEシリーズ。

JBLスピーカーにはファンも多く、スタジオモニターシリーズ等プロの現場でもよく使われています。

SONY SRS-X2(約15,000円)

ソフトからハードまで、プレーヤーからスピーカーまで幅広くカバーする大手メーカー。

デザイン性も高く、筆者はヘッドフォン、イヤフォンはとても好きです。

まず、音質以外のスペックから比較してみます。

サイズ


サイズはこんな感じ。

JBLは明らかに大きいです。これでも中間サイズのはずですが、ちょっとポータブルというサイズじゃないかも、、、

SONYとBOSEは同じくらいのサイズです。高さはSONYの方があるけど、その分幅が狭いという感じ。

JBLは旅行鞄に入れるとちょっと大きいかなという気がしますね。

重さ


BOSE 664g > JBL 595g > SONY 423g

はっきり言って、BOSEは重すぎる。これは音質と関係ありそうですが、SONYと比べると明らかに重い。

JBLはサイズを考慮に入れるとこんなもんかなと思いますが、それでもちょっと重い。

SONYの軽さは女性だとかなりありがたいのではないでしょうか。ただし、この時点で音質がある程度想像がつきます。

この軽さだと大きな出力は耐えられないでしょう。

デザイン


これはもう圧倒的にBOSEがカッコいいし、邪魔にならないデザインです。

このデザインに惹かれて1ランク上のBOSE製品を買う人も多いと思います。
※筆者はこのタイプ。リビングはWaveRadio

JBLはちょっと無骨すぎて女性は買いにくいかもしれない。女性の部屋にあると、「おお。元カレの?」と思っちゃいます。

一方で、SONYは少し可愛いというか、大人しい。音楽ファンの気配がしない。これが男性の部屋にあると、「おお。元カノの?」とは思わずに、「ふっ。ド素人が、、、」と思っちゃいます。

UI(ユーザーインターフェース)


BOSEは電池残量とBluetoothがつながってるかどうかがわかりにくい。
あと、2代目からは直ってますが、スピーカーの下にUSBドックつけるってどういう神経しとんねん、、、

JBLは操作性や電池残量のわかりやすさは完璧なのですが、

底の部分の面積が狭く、やや安定性に欠けます。不安定な野外とかでどうだろうか、、、

SONYは電池残量がわかりにくい以外は特に問題ないかな。

では、肝心の音質にいってみましょう。

BOSE、JBL、SONYの音質比較


聴き比べには下記を利用しました。いずれもiTunesのDL音源です。

Disclosure / F for U

イギリスの若き、期待のダンスミュージックデュオ。なんと今年活動休止を発表しました。UKガラージとか、ディープハウスとか言われますね。
余談ですがこのPVかっこよすぎる。生で見たかった。

Inner Life / I’m caught up in a one night love affair

かのJocelyn Brownを擁したInner Lifeのデビュー曲にして、ガラージクラシック、フリーソウルの名曲です。

では、それぞれメーカー別に。

BOSE、Soundlink Miniの音質


・総じて言うと”鳴りすぎて”疲れる
・低音の迫力は振動がしっかり伝わってくるし、高音もクリア
・ただし、中音域がこもって全然聞こえない
・迫力はあるし、「お!いい音!」と思うけど、曲と場所を選ぶ
・デスクの上に置くと振動がウザい
・その場を疑似クラブにしたい人にはオススメ

Soundlink MiniでDisclosureを聴くと、、、
・キックがボッボッと鳴り、振動が凄い
・低音が強すぎて、他の音が聞こえない
・ヴォーカルとキックが強すぎるように思う

Soundlink MiniでInner Lifeを聴くと、、、
・出だしから迫力満点
・ギターのカッティングもキレ抜群。
・ストリングスの鳴りも伸びやか
・ヴォーカルも臨場感あり、素晴らしい
・やっぱり、ちょっと低音鳴りすぎ?

JBL、CHARGE+2の音質


・素晴らしくまとまった音
・細部まで表現力豊かで疲れない
・BOSEより迫力はないがバランスのとれたいい音
・低音の割にデスクに響かない。ウーファーのコーンの位置がいいのかな、、、

JBL CHARGE+2でDisclosureを聴くと、、、
・キックは小気味よく、タイトに鳴る
・裏打ちのハイハットもクリアに聞こえる
・ヴォーカルの繊細な音まで表現されている

JBL CHARGE+2でInner Lifeを聴くと、、、
・キック抑えめも鳴りよし
・ギターのカッティングもキレ抜群
・ストリングスの鳴りも伸びやか
・ヴォーカルがちょっと大人しいが細部までしっかり聴き取れる
・まとまりが良い

SONY SRS-X2の音質


・いい意味でも悪い意味でものっぺりしている
・ラジオのようにデスクで聴くなら悪くないけど、、、
・小音で聴くならともかく、ちょっと音量上げて聴くレベルにない
・音量を上げるとアラが出るので、狭い部屋向き
・1.5万円の音質とは思えない(悪い意味で)

SONY SRS-X2でDisclosureを聴くと、、、
・低音鳴らなさすぎ
・ヴォーカルだけやたら大きくペラペラの音質
・音量大きくするとスネアの音が割れる
・原曲の格好良さが完璧に消えてる、、、

SONY SRS-X2でInner Lifeを聴くと、、、
・disclosureよりマシかな、、、
・同じようにキックとベースが全然鳴ってない
・全体的にのっぺりとしてキレがない音
・POPSをゆっくり聞くのにむいているかも、、、

まとめ


まず、そこそこ音楽好き、音質大事という人にはJBLイチオシ。コスパ良すぎ!

JBLを聴くとBOSEはDQN感がすごい。
ただし、音量を上げた時のBOSEの迫力は凄いので、迫力重視、低音ブリブリという人にはBOSEの方が向いてます。

筆者もBOSEをIbizaに持っていきましたが、Hard Rock Hotelに備え付けの何倍もの大きさのLGよりも良く鳴ってました。
なので、ちょっとしたオフィスというか、そこそこの距離を置いて鳴らすならBOSEが一番いいと思います。

JBLは大きいですが、BOSEは重いのでどっこいどっこいですね。

バランス高音質型:JBL

爆音低音型:BOSE

SONYは、、、正直筆者は買いません。

音質があまりにもショボすぎる。
ただ、ボリュームを抑えて聞きたい場合はボーカルの大きさは大事だし、POPSをゆっくり流すのには一番向いているかもしれない。
このスピーカーは女性スタッフに借りたのですが、それはそれで合っている気がしますね。

ということで、筆者のオススメは圧倒的にJBLです!

昨日、ポテトサラダの記事がはてぶ新着に載ってたくさんの人に読んでもらえました。

ありがとうございました。

面白かったら↓からシェアをお願いします!

アクアダンスという防水スプレーが超絶凄い

突然ですが、防水スプレーって使ってます?
特にスエードを中心にした革物や、ナイロンブルゾンにかけておくと撥水してくれるあのスプレーです。

筆者がスノーボードを頻繁にやってた頃は、GORE-TEXと言えど、それなりに撥水力が低下してくるので使っていましたが、最近はめっきり使うことがなくなりました。

ところが、奥さんがハンズの街頭セールで買ってきた、このアクアダンスを使ってみると、、、衝撃!!!

こんなに水って弾くもんなんですね。

恐るべし撥水力!アクアダンス!


まずは最近新調したUGG。メンズはこちらが安いですよ、、、

このUGG。ビーチシューズのくせに見ての通り水に弱い。
特にドライビングシューズのような形をしているので、雨の日の後に歩いたりすると、ヒールの周りのスエードが水を吸ってしまったりして大変です。

まずスプレーしてみます。本当は before→afterが良いのですが、そこまでの勇気はなくw

 

このUGGにアクアダンスで撥水加工してから水をかけてみると、、、

なんということでしょう!!!

女子高生の肌のように水を弾くじゃありませんか!!!

これ、ウィメンズのブーツと合わせたら最強の気配。多少の雪なら無敵かも。

次に先日ロンハーマンで買ったこのポーチ。
アウトドアで使い倒してやろうと思っております。

これにも、、、※色々使ったので、途中でなくなります。

なんということでしょう!!!(ry

革やダウン系のナイロンなど、デリケートな素材でも変色しませんし、とてもいい。折りたたみ傘に振っておくと水切りがスムーズで、電車の中やカバンの中がドボドボになるようなこともありません。

とまぁ全面的に信頼していますが、こういうものはそのうち効果もなくなってくるので、その都度振り直してはまた撥水を試す。というのが楽しいですよね。

ということで、アクアダンスはマストバイです、という話でした。

おしまい。

面白ければ↓からシェアをお願いします!!!

たこ焼きが上手いこと作れへん

たこ焼きにチャレンジ


筆者な、関西人やねん。
東京に出てくるまで27年間、関西人やったねん。
せやけど、たこ焼きに関しては関東人レベルのリテラシーなくてな、自ら買うこともそんなに頻度は高こないし、作ったことなんかほとんどないねん。
銀だこもそないに行かへんし。

だいたい、関西人の家にはたこ焼き機が1個はあるとか言けど、ウソやろ?

筆者の家には、、、あったかもしれんけど、20数年で見たん1回くらいちゃう、、、

そんな筆者がホームパーティでたこ焼きしてみた。たこ焼いてみた。
筆者ひとりが焼いたわけちゃうけどな、、、
メンバーはサムイ関東人3名、関西人1名。おもろい筆者の責任は重い、、、

結果、、、

まぁまぁ!!!割といけんちゃう???

ソース味
出汁味

味もそんなに悪ない(気がする、、、
まぁ家でするたこ焼きってこんなもんちゃうん。

出汁味いうんは、筆者が大学の頃、京都の木屋町のBarでバイトをしてた頃に、よく差し入れしてもうたり、差し入れしたりしたワゴンで売ってたたこ焼きの味を再現。

(酒)飲んだ時はソースよりもこの出汁味がたまらん美味かったのよ。

ちなみに、明石焼きいうのは出汁で頂くんやけども、粉もんとちごて、卵焼きやから、それは別もん。

材料は生地以外では、タコ、紅しょうが、ねぎ。

本場、関西のたこ焼きはこう焼くんや、、、


で、終わったあとにたこ焼きの焼き方みてたら、こうや、、こう焼くねんな。。。

素人との違い

・まず生地はMAXまで入れる
・ひっくり返す時は2本で返す
・ひっくり返たらもう一回生地を流し込む

焼き加減とか色々あるやろうけど、この3つが全くちごた。感動した。

もう一個、お好み焼き(広島焼き)もすごいのあった。

これ、見とれる、、、。いつか食べてみたい、、、。

ちゅうことで、たこ焼きパーティー(通称:たこパ)をやるときは上の動画を参考に。

もっかい(もう一回)作ってみよ。

たこ焼き機はこれ。結構火力あった。

出汁はだし醤油を薄めて。

関西弁でお送りしましたが、テキストの関西弁って独特のキモさがあるので、mixiの日記みたいに読み返すとさぶい記事にならなくといいなと思います。

面白ければ下からシェアをお願いします!!!

ANKERの急速USB充電器がめちゃくちゃ使える件

ガジェットだらけ、コードだらけ


手持ちのガジェットが増えてくると、どうしても困るのが充電器。
しかも、iOSとその他ガジェットは企画が違ったりしますので、皆様、家の中がUSBコードだらけという現象になってませんでしょうか?

筆者はいつも一人用に、8つ充電を待っているデバイスがありますが、
これって、規格だけでいうとコードは3つあれば良いんですね。
イヤフォンの登場で一つ増えた、、、

USB-thunderbolt
・iPhone × 2
・iPad Pro
・iPad mini

USB-microUSB
・icos(電子タバコ)
・ポータブルスピーカー

USB-独自インターフェイス
・Blurtoothイヤフォン

ですが、どのデバイスもいつもフル、、、とは言いませんが、ゼロにならないようにある程度の充電をしておこうとすると、色んな部屋にたくさんケーブルを置いておかなければなりません。

しかし、ケーブルの大量配置から解放される方法を見つけました。
回避の方法は「速さ」でした。

要は、充電が速ければどんどんデバイスを交換していけば良いだけなので、コードがたくさん要らないということです。

爆速!ANKERの急速USB充電器


このAnkerというのは全米No.1USBブランド(なんだそりゃ、、、)らしく、最近ではポータブルスピーカーでも台頭してきています。

で、私が購入したのはこちら。

この充電器が備える技術を要約していうと、下記のようです。

・そもそもの出力が大きい(iPhone6,6sの場合、デフォルトの1.4倍)
・独自技術によるデバイス最適化
・独自技術によるケーブル最適化

また、この出力が大きいポートが3つあり、同時接続でもパワーが落ちないのが特徴。今までマルチタップはパワーが落ちて困っていました。

さて、開封してみます。

2,000円なのに、大げさな梱包ですw

早速セッティング。

コンパクトに整理できました!

このアイテムはもともと奥さんが持っていたので、実力は知っていました。
充電時間は大体30分くらいでiPhone6が30%くらい充電されるくらいの感覚。
普通のマルチポートよりは遥かに速いですし、デフォルトについている充電タップよりも随分速く感じます。

充電周りで困っている人は、高いものではないので、ぜひ買ってみてください!

面白ければ下からシェアをお願いします!!!

B&O PLAY H5の実力

聴いてみた!


前回の続き。

さて、聴いてみましょう!
ということで、まずはこちらの曲を聴いてみました。
USアンダーグラウンドでは超有名人。故プリンスやエリカ・バドゥがフックアップしたNew Soulの女性3人組、KING。
ドリーミー、ポップ、ソウルフル。僕はポップで黒いFiona Appleという感じがしたんですが、その辺は置いておいて、、、いざ聴いてみると、、、

ん、、、???

は、迫力不足、、、。

ボリュームもあまり大きくならないし。

これがワイヤレスか。。。3万円、、、。

と思いましたが、違いました。
理由は2つあって、
充電残量が残りわずかの場合はボリュームが自動で一定になるとのこと。安心。
もう一つは標準イヤーチップだったこと。

しばらくコンプライしか使っていなかったので、明らかにパワー不足だと思いましたが、コンプライにしてからは素晴らしい音質に!!!

音楽ファンは絶対買うべし!コンプライ


コンプライというのはカナル型のインイヤーイヤフォンの別売りチップで、対応しているメーカーのものならどこのでも使えるのですが、これがあるだけで劇的に音質が向上します。
とにかくこれだけで音質が2万円分は向上すると言って良い。とんでもなく凄いアイテムです。

普通、カナル型のイヤフォンのチップはシリコンかゴムで出来ていますが、コンプライはウレタンのような素材で出来ています。

この素材のおかげか、音質にキレが出て、低音のキックはまるで耳を叩くようにな鳴り、スネアはバンッバンッと小気味よくリズムを刻むようになります。

また、素材の特性上、一定のノイズキャンセリング効果も。
とにかく、ShureやBoseを使っている人でなければ、一度は試していただきたい。
※Shureはオリジナルがウレタン、Boseはイヤーチップの形が独特

筆者はコンプライのないイヤフォンライフはもう考えられません。

コンプライ装備後のB&O PLAY H5の実力


もう一度、先ほどのKINGを。

す、素晴らしい!!!

ヴォーカル3人のハーモニーはそれぞれしっかり聴こえ、ドリーミーでサイケなアレンジが脳みそをとろけさせてくれます。
高音は伸びがよく、ピアノの音も過度にうるさくない。これはThe BeatlesのStrawberry Fields Foreverとかも相性いいかも。
ベースは大きすぎたりぼやけることもなく安定して鳴ります。これはいいかもしれない。
スネアの音はここまで「太鼓感」が出るとは正直びっくり。スネアを叩くスティックをはっきりとイメージできます。

次にダンスミュージック。ハウスです。
今最も乗っているハウスDJ、プロデューサーであるClaptoneがRemixした大御所New Orderの曲、People on the high line。
先日ZARAでかかってて、おっ!と思いました。

ダンスミュージックではキックが耳を叩くようにキレが良く出てくることと裏打ちのハイハットとベースラインのメリハリがクリアに出てくるファンクションワンのフロアのようなセッティングが好みなのですが、こちらも素晴らしいです。
もう少しキックが強めでもいいかなと思いますが、それはイコライザで調整してみましょう。

さて、次は筆者が色々なイヤフォン、ヘッドフォン、スピーカーを視聴するときに必ず聴く曲です。
ダンス、バレアリックのクラシックで、今も色あせない名曲。Soul 2 SoulのKeep on movin’。
この曲は女性ヴォーカル、伸びのある高音のストリングス、静と動、キレがあるリズム、ブレイクビーツで多用された伝説のリズムパターンなど、イヤフォンの実力の測るのに絶好の曲です。

す、素晴らしい!

ワイヤレスでここまで鳴らしてくれると思いませんでした。
見事に世界観を再現してくれています!

邦楽も聴いてみましょう。著作権の関係上、CMでご紹介。
宇多田ヒカルの最新アルバムから「道」。

これが一番イヤフォンの実力がわかりました。
めちゃくちゃすごい。宇多田ヒカルってこんな綺麗な声してたんだ。感動してしまった。ものすごく繊細なところまで再生されています。
宇多田ヒカルとか、椎名林檎とか、海外だとスティーヴィー・ワンダーとか、ひょっとしたらマイケル・ジャクソンとか。ビブラート系のヴォーカルが好きな人にはたまらないのではないでしょうか!

では、アイドルとかはどうでしょうかね。
ということで、筆者の好きな曲。AKB48の恋するフォーチュンクッキー。

これは、、、ダメでした。
ダメというか、元々の音源がもの凄くバランス良く出来ていて、大勢のヴォーカルを立たせるように出来ているので、イヤフォン独特のメリハリがイマイチ出てきませんでした。もちろん、悪化するということはないですよ。

最後にロック。
PEPSIのCMで一躍有名になったUKのロックバンド、The HeavyのSame Ol’。
Led Zeppelinの影響なのか、UKからは定期的にこういうバンドが出て来ますね。

これは冒頭のストリングスからのオーケストラのところが素晴らしい。
低音はボケずにキレがあり、伸びのあるヴォーカルを引き立てます。
また、ギターのヘヴィーなリフの鳴り方が独特で、コードの美しさというか、意味を感じる音質になってます。

これ、例えばPUNKだとSex Pistolsみたいなオーバーエフェクトがカッコイイかも。。。と思って聴いてみたら凄かった。ジョニーが目の前にいるような気分。

尚、すべてitunesでDLした音源でテストしました。

ということで、オールラウンドにいけるこのH5ですが、敢えていうなら音のまとまりが重要で多重録音してあるようなPOPSとかには余り向いていないかもしれません。でもスペクターサウンドとかはいけそうだけど。。。

一方、SOULとかJAZZ、HOUSE、Technoなんかは凄くマッチしている。Rockは好みかも。Boseの方が良いって人もいそう。

あと、慣れるまではコードの擦れによるタッチノイズが大きいので、クラシックには絶対向いてないし、激しい運動をする時用にこのイヤフォンを使うのであれば、それは絶対にやめた方が良いと思います。

ということ、勇気を出して買ってみましょう。素晴らしいイヤフォンライフが送れますよ!!!

Black

Pink

Moss

最後に筆者がコードありでCP最強だと思っているイヤフォンを2つご紹介します。

まず、SONYのMDR-XB90EX/B。これにコンプライのコンボ。
ダンスミュージック好きならこれが最強。さらにコンプライと合わせても1.2万円という最強コスパ。

次にShureの大ヒットイヤフォン、SE215。
これ、音質は本当に素晴らしいのですが、耳にかけるのが面倒臭いし、コードがどこかに引っかかったときに耳が持っていかれる感じがたまらなく辛い。
ダサささえなんとかなれば、、、という代物。イヤーピースはデフォルトでウレタン。

ということで、イヤフォンジプシーだった筆者がBluetoohワイヤレスイヤフォンを買った話でした。

面白ければ下からシェアをお願いします!!!