人気メーカーのBluetoothスピーカーを聴き比べてみた!

最近はスマホからBluetoothで音楽を飛ばして、ポータブルスピーカーで音楽を聴く人も増えています。

筆者もBBQなどの持ち歩きはもちろん、リビング以外ではBluetoothスピーカーで音楽を聴いています。

そこで、音楽好きなら誰でもやってみたいBluetoothスピーカーの聴き比べを主要3メーカーでやってみました。

あんまり専門的なことは書けないので、直感&主観レビューです。

比べたのはこの3つ。価格はすべてAmazon価格です。

BOSE Soundlink Mini(約23,000円)

Bluetoothスピーカーの大ヒット。言わずとしれたBOSEの名作。
筆者が持っているのは初代機で、今は2代目が出ていますが、家電量販店で見たことがある人も多いと思います。

JBL CHARGE+2(約13,000円)

老舗スピーカーブランドから彗星のごとく現れた、JBL CHARGEシリーズ。

JBLスピーカーにはファンも多く、スタジオモニターシリーズ等プロの現場でもよく使われています。

SONY SRS-X2(約15,000円)

ソフトからハードまで、プレーヤーからスピーカーまで幅広くカバーする大手メーカー。

デザイン性も高く、筆者はヘッドフォン、イヤフォンはとても好きです。

まず、音質以外のスペックから比較してみます。

サイズ


サイズはこんな感じ。

JBLは明らかに大きいです。これでも中間サイズのはずですが、ちょっとポータブルというサイズじゃないかも、、、

SONYとBOSEは同じくらいのサイズです。高さはSONYの方があるけど、その分幅が狭いという感じ。

JBLは旅行鞄に入れるとちょっと大きいかなという気がしますね。

重さ


BOSE 664g > JBL 595g > SONY 423g

はっきり言って、BOSEは重すぎる。これは音質と関係ありそうですが、SONYと比べると明らかに重い。

JBLはサイズを考慮に入れるとこんなもんかなと思いますが、それでもちょっと重い。

SONYの軽さは女性だとかなりありがたいのではないでしょうか。ただし、この時点で音質がある程度想像がつきます。

この軽さだと大きな出力は耐えられないでしょう。

デザイン


これはもう圧倒的にBOSEがカッコいいし、邪魔にならないデザインです。

このデザインに惹かれて1ランク上のBOSE製品を買う人も多いと思います。
※筆者はこのタイプ。リビングはWaveRadio

JBLはちょっと無骨すぎて女性は買いにくいかもしれない。女性の部屋にあると、「おお。元カレの?」と思っちゃいます。

一方で、SONYは少し可愛いというか、大人しい。音楽ファンの気配がしない。これが男性の部屋にあると、「おお。元カノの?」とは思わずに、「ふっ。ド素人が、、、」と思っちゃいます。

UI(ユーザーインターフェース)


BOSEは電池残量とBluetoothがつながってるかどうかがわかりにくい。
あと、2代目からは直ってますが、スピーカーの下にUSBドックつけるってどういう神経しとんねん、、、

JBLは操作性や電池残量のわかりやすさは完璧なのですが、

底の部分の面積が狭く、やや安定性に欠けます。不安定な野外とかでどうだろうか、、、

SONYは電池残量がわかりにくい以外は特に問題ないかな。

では、肝心の音質にいってみましょう。

BOSE、JBL、SONYの音質比較


聴き比べには下記を利用しました。いずれもiTunesのDL音源です。

Disclosure / F for U

イギリスの若き、期待のダンスミュージックデュオ。なんと今年活動休止を発表しました。UKガラージとか、ディープハウスとか言われますね。
余談ですがこのPVかっこよすぎる。生で見たかった。

Inner Life / I’m caught up in a one night love affair

かのJocelyn Brownを擁したInner Lifeのデビュー曲にして、ガラージクラシック、フリーソウルの名曲です。

では、それぞれメーカー別に。

BOSE、Soundlink Miniの音質


・総じて言うと”鳴りすぎて”疲れる
・低音の迫力は振動がしっかり伝わってくるし、高音もクリア
・ただし、中音域がこもって全然聞こえない
・迫力はあるし、「お!いい音!」と思うけど、曲と場所を選ぶ
・デスクの上に置くと振動がウザい
・その場を疑似クラブにしたい人にはオススメ

Soundlink MiniでDisclosureを聴くと、、、
・キックがボッボッと鳴り、振動が凄い
・低音が強すぎて、他の音が聞こえない
・ヴォーカルとキックが強すぎるように思う

Soundlink MiniでInner Lifeを聴くと、、、
・出だしから迫力満点
・ギターのカッティングもキレ抜群。
・ストリングスの鳴りも伸びやか
・ヴォーカルも臨場感あり、素晴らしい
・やっぱり、ちょっと低音鳴りすぎ?

JBL、CHARGE+2の音質


・素晴らしくまとまった音
・細部まで表現力豊かで疲れない
・BOSEより迫力はないがバランスのとれたいい音
・低音の割にデスクに響かない。ウーファーのコーンの位置がいいのかな、、、

JBL CHARGE+2でDisclosureを聴くと、、、
・キックは小気味よく、タイトに鳴る
・裏打ちのハイハットもクリアに聞こえる
・ヴォーカルの繊細な音まで表現されている

JBL CHARGE+2でInner Lifeを聴くと、、、
・キック抑えめも鳴りよし
・ギターのカッティングもキレ抜群
・ストリングスの鳴りも伸びやか
・ヴォーカルがちょっと大人しいが細部までしっかり聴き取れる
・まとまりが良い

SONY SRS-X2の音質


・いい意味でも悪い意味でものっぺりしている
・ラジオのようにデスクで聴くなら悪くないけど、、、
・小音で聴くならともかく、ちょっと音量上げて聴くレベルにない
・音量を上げるとアラが出るので、狭い部屋向き
・1.5万円の音質とは思えない(悪い意味で)

SONY SRS-X2でDisclosureを聴くと、、、
・低音鳴らなさすぎ
・ヴォーカルだけやたら大きくペラペラの音質
・音量大きくするとスネアの音が割れる
・原曲の格好良さが完璧に消えてる、、、

SONY SRS-X2でInner Lifeを聴くと、、、
・disclosureよりマシかな、、、
・同じようにキックとベースが全然鳴ってない
・全体的にのっぺりとしてキレがない音
・POPSをゆっくり聞くのにむいているかも、、、

まとめ


まず、そこそこ音楽好き、音質大事という人にはJBLイチオシ。コスパ良すぎ!

JBLを聴くとBOSEはDQN感がすごい。
ただし、音量を上げた時のBOSEの迫力は凄いので、迫力重視、低音ブリブリという人にはBOSEの方が向いてます。

筆者もBOSEをIbizaに持っていきましたが、Hard Rock Hotelに備え付けの何倍もの大きさのLGよりも良く鳴ってました。
なので、ちょっとしたオフィスというか、そこそこの距離を置いて鳴らすならBOSEが一番いいと思います。

JBLは大きいですが、BOSEは重いのでどっこいどっこいですね。

バランス高音質型:JBL

爆音低音型:BOSE

SONYは、、、正直筆者は買いません。

音質があまりにもショボすぎる。
ただ、ボリュームを抑えて聞きたい場合はボーカルの大きさは大事だし、POPSをゆっくり流すのには一番向いているかもしれない。
このスピーカーは女性スタッフに借りたのですが、それはそれで合っている気がしますね。

ということで、筆者のオススメは圧倒的にJBLです!

昨日、ポテトサラダの記事がはてぶ新着に載ってたくさんの人に読んでもらえました。

ありがとうございました。

面白かったら↓からシェアをお願いします!